top_line

銀座でリサ・ラーソンの世界に浸りながらコーヒーブレイクを

女性自身

銀座でリサ・ラーソンの世界に浸りながらコーヒーブレイクを

話題のスポットやエンタメに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、北欧気分に浸れる「リサ・ラーソン フィーカ トウキョウ」へ行ってきました!

 

■「リサ・ラーソン フィーカ トウキョウ」2020年1月27日(月)までマロニエゲート銀座1 4階にて開催

 

北欧スウェーデンの人気陶芸作家リサ・ラーソンといえば、縦じま猫のキャラクター、マイキーが有名。このマイキーなどをモチーフにしたフード&スイーツをこちらのカフェで楽しむことができます。店名にあるフィーカとは、スウェーデン語で“大切な人とのコーヒーブレーク”を指すそう。

 

まず店内へ入ると、真っ先に物販コーナーが目に入りました。マイキー、ハリネズミ、ライオンとおなじみのキャラクターが手ぬぐい、タンブラーなどに変身。それらを前に「かわいい~っ」「これ、欲しい~っ!」と心の中で叫び続けます。

 

その後着席し、料理をオーダー。5種のフードから一番人気というマイキープレート(税込み1,848円)をチョイス。待つこと数分、やってきた料理に「見て! マイキーそのまま!」と、忠実な再現力に感動の声をあげました(心の中で)。

 

デザートには15時以降限定メニューのミアトライフルパフェ(税込み2,090円)を選択。こちらは猫のミアが載っていました。見た目が華やかで、2人分はあるであろうボリュームです。ベリーに、コーヒー風味のスパイスケーキに、抹茶ショコラ……と豪華なこと!

 

見て食べて楽しむのがコラボカフェの魅力。心はいざ北欧へ! 満足のひとときでした。

TOPICS

ランキング

ジャンル