top_line

山火事で救出されたオス馬が、母馬と子馬を助けるため、危険が迫る火災現場へ戻っていく(アメリカ)

カラパイア

no title

 10月23日にカリフォルニア州で発生した山火事は、州全体に緊急事態宣言が出るなど深刻な被害が広がっている。

 南部ベンチュラ郡にあるシミバレーでも発生した火災は、強風に火の手が煽られ、瞬く間に広がった炎がわずか数時間で1300エーカー(約526万平方メートル→東京ドーム約113個分)以上を燃やした。

 この地域には、優秀な競走馬が飼育されている厩舎があり、早朝の火災に厩舎の関係者や多くのボランティアたちが馬を避難させようと奔走。

 その様子を映し出していたメディアのカメラが、ある1頭の馬の驚くべき姿を捉えた。

Horses Try And Escape Flames As Easy Fire Burns In Simi Valley

炎と煙が迫る中、1頭のオス馬が厩舎に戻る


 前代未聞の危険レベルに達したと言われている今回のカリフォルニア州での山火事は、複数の地域の広範囲を急速に焼きつくし、ワイナリーなども大きな被害を受けた。

 南部のベンチュラ郡では、30日の早朝に火災が発生。同郡シミバレーには競走馬として優れた価値のある馬たちが飼育されている厩舎があるが、その近くにもあっという間に火の手が上がった。

 厩舎スタッフや、多数のボランティアが早朝から馬や他の家畜たちを納屋から避難させようと奔走し、主要道路に誘導していた。

 その時、1頭のスタリオン種のオス馬が一度は救助されたにも関わらず、踵を返して逆方向へと走り出したのだ。

3

 メディアのカメラがその姿を追うと、オス馬は炎が上がり煙が充満する厩舎へと走っている。

4

 そしてカメラは、驚くべき光景を捉えた。


オス馬は家族を助けるために戻ったのだった


 厩舎にオス馬が近付くと、子馬と母親らしきメス馬が駆け寄ってきたオス馬のもとへ走って来た。

5

 おそらくこの2頭はオス馬の家族なのだろう。オス馬は自分だけ先に救助されたものの、家族が心配で居ても立ってもいられなかったようで、自ら救出に駆け付けたとみえる。

6

 その間も、人々は迫りくる火災の中必死で馬や家畜の救助活動を行った。

 おかげで1頭を除く全ての馬を避難させることができた。その1頭は、炎から逃げようとした際に前脚を2本骨折する怪我を負ってしまい、安楽死を余儀なくされたとのことだ。


馬や家畜は地域の動物愛護協会に無事保護される


 現在、シミバレーにあるベンチュラ郡動物愛護協会(Humane Society of Ventura County)が、救出した馬や家畜を保護している。



 同協会のフェイスブックでは、多くの人の親切によって馬や家畜の命が救われたと感謝の言葉を綴っている。

 なお、ベンチュラ郡消防局によると、火災は10月31日の夕方に1723エーカー(約697万平方メートル)という広範囲に広がり、1000人以上の消防隊員らが消火活動に尽力しているが、現時点ではまだ10%しか鎮火活動ができていないとのことだ。

 火災ピーク時には、この地域だけで住民約3万人に避難命令が出され、およそ7千もの建物が被害に遭ったことが報告されている。

 ちなみに、カリフォルニア州での山火事は、毎年起こる度に大きな被害を生じているが、特に2017年に南部で起こった火災では、調教センターにいた競走馬が50頭近くも犠牲になったという。

References:CBS Los Angelesなど / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング

ジャンル