top_line

マツコ、茹で時間60分の新感覚“やわうどん”に箸が止まらない!?

テレビドガッチ


マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。11月5日の放送では、「やわうどんの世界」と「貯金箱の世界」に迫る。

一般的なうどんの茹で時間は約10分から15分。今回、「やわうどんの世界」を語ってくれる井上こんさんが紹介してくれる伊勢うどんは、茹で時間が長く、約60分。それでもグズグズにはならない、しっとりとした存在感があるのが、やわうどんの特徴だという。

井上さんは、やわうどんで有名な福岡生まれの33歳で、年間400杯以上もうどんを食す女性。20代の頃に公開されたうどんを題材とした映画の大ヒットで「うどん=コシ」というイメージが世の中に定着。コシがあれば“美味しいうどん”という風潮になっていることに疑問を感じていたという。

そこで、どうして「うどん」が美味しいのかを探求するため、自らうどん作りを始め、今では、やわうどんの美味しさを広めるべく、うどんライター業と並行して“うどんスナック”までオープンさせている。

番組ではそんな井上さんが、やわうどんの魅力を語りながら、最近都内に増えているという、やわうどん店を選りすぐって紹介。さらに、インスタントうどんを更に美味しくする方法や、今までにない新感覚のやわうどんをマツコが味わうことに。個性派ぞろいのうどんの美味しさに、マツコの箸がとまらなくなる。さらに、やわうどんの次世代を担うユニークなカルボナーラ釜玉うどんがスタジオに登場する。

一方、「貯金箱の世界」を語るのは、安田富亘さん(66歳)。岡山・倉敷で造り酒屋のお坊ちゃまとして育った安田さんだが、8歳の時に店が倒産して生活が一変したという。その当時、預金口座を作ると貰えた貯金箱を、おもちゃ代わりに集め出したのが収集のきっかけだ。

20代でアメリカに渡り、貯金箱コレクターと出会ったことで拍車がかかり、帰国後は骨董品店を営みながら、さらに4000個の貯金箱を収集。今では貯金箱博物館を作って展示をしている。

そんな安田さんが貴重なコレクションを披露しながら、貯金箱の歴史、時代と共に変化してきた素材や、デザイン、機能などを解説。ゼンマイ仕掛や、電子ゲーム的なモノ、さらにはハイブランドが手掛けたモノなど、マツコも知らなかった貯金箱が続々と登場する。

TOPICS

ランキング

ジャンル