top_line

1泊500万円!?経営難にあえぐ観光地が自虐CMを制作『月曜から夜ふかし』

テレビドガッチ


11月4日放送のマツコ・デラックスと関ジャニ∞の村上信五がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~※この日は24:09~)は、浜崎あゆみの歌が得意と言うおばあちゃんが登場。おばあちゃんは浜崎のヒット曲「M」を披露するが、実力は果たして!?

同番組は、日本全国の気になることを深掘りしていくバラエティ。世間で密かに話題になっていることなどが書かれたカードを選び、そのカードに書かれたお題やカードの内容に沿ったVTRをもとに、2人が自由気ままなトークを繰り広げる。

「街行く人に個人的ニュースを聞いてみた件」では、浜崎の歌が得意なおばあちゃんのほか、指原莉乃に似ていると言われるという女の子や、米倉涼子の見た目や言動など全てに寄せているという女性が登場する。

また「様々な観光地で自虐CMを作ってみた件」には、三重県の「伊勢忍者キングダム」、岐阜の道の駅「五木(ごぼく)のやかた」、岐阜県の「恵那峡ワンダーランド」が登場。「伊勢忍者キングダム」は、広大な土地に数百億円もかけて作ったのにお客さんが全然いないという。お城があったり、琵琶湖を再現したような池があったりするが、とにかく経営に困っている。そこで、もともと誰でも入れたお城を1日1組限定で1泊500万円の宿泊施設にするなど、一か八かの儲けを狙っているという。

1日あたり5人、多く10人しかお客さんがこないという「五木(ごぼく)のやかた」、従業員がお年寄りばかりの遊園地「恵那峡ワンダーランド」、それぞれの施設が自虐CMを制作する。

番組ではこのほか、ゲームセンターの店員やタクシー運転手、美容師による「様々な職業の人にお客さんへの逆クレームを聞いてみた件」も。

さらに誕生日が近いマツコのために、以前番組で放送した大田区にあるデコレーションケーキが特徴的なケーキ屋さんに、ケーキを発注。どんなケーキに仕上がったのか?

TOPICS

ランキング

ジャンル