top_line

肥満猫のダイエット大作戦。様々なエクササイズに挑むもやる気が感じられないその姿に世界から励ましの声(アメリカ)

カラパイア

cat cover_e
image credit:Northshore Veterinary Hospital/Facebook

 人間と同じく、猫界でも肥満は健康に良くないとされている。天命を全うさせてあげたいのであれば、標準体重を目指すようにと、獣医からうちのももも言われてしまったわけだが、猫の増えすぎた体重を戻すのは容易なことではない。だって自覚がないんだもの。

 アメリカのワシントン州にある動物病院に預けられた1匹の灰色猫は、安楽死させられる手前で獣医師にその命を救われ、減量のためのエクササイズ治療を施されることになった。

 病院側は、ルームランナーで運動中の猫の姿をソーシャルメディアに公開したが、どうにもハードにエクササイズをしているようには見えず、やる気が感じられないどころか、「もうやめろ、ふざけんな人間」風に見えてしまう。

 しかしこの光景がユーザーらの心をがっしり掴んだようだ。ネット上では、肥満猫に同情する声や励ましの声が多数挙がっている。

11kgの肥満猫、安楽死のために病院へ連れて来られる


 ワシントン州ワットコム郡ベリンハムにあるノースショア動物病院(Northshore Veterinary Hospital)に、1匹の灰色猫が連れて来られた。

View this post on Instagram

A post shared by Northshore Veterinary Hospital (@northshore_vet) on


 11kgという肥満ゆえに、“シンダーブロック(軽量コンクリートブロック)”というニックネームが付けられた8歳になるシンディという猫は、健康問題と介護を抱えている飼い主がこれ以上面倒を見ることができないこと、安楽死のために病院へとやって来たのだった。

 同病院メディカル・ディレクターのブリータ・キフニー獣医師は、次のように話している。

シンダーの飼い主は、自身が健康問題を抱えていて、更に認知症の父親の介護もあるということで、疲れ果てて、猫の世話ができなくなったということです。

シンダーは、飼い主の父親がエサを与え過ぎたために肥満になってしまったようです。

安楽死を希望されていたのですが、そうせずに私にシンダーを託してほしいと飼い主に尋ねたところ、飼い主も本当は猫を安楽死させたくはなかったようで、喜んで同意してくれました。


View this post on Instagram

A post shared by Northshore Veterinary Hospital (@northshore_vet) on


シンダー、エクササイズ療法にチャレンジ


 病院では、まずはシンダーの肥満をなんとかして治さなければならないと、特別療法食とエクササイズ原料プログラムを実施することにした。

 早速、10月18日から物理的リハビリテーションのためのトレーニングを開始したシンダー。19日には、水中ルームランナーにチャレンジしており、その時のシンダーの様子を病院側がソーシャルメディアで公開すると、大きな反響を呼んだ。



 水色のハーネスを体に装着されているシンダーは、ぬるま湯を張ったトレッドミルの隅っこにどかんと座っている。

 しかし、やる気のなさが出ており、片足だけを動くルームランナーの上に乗っけている。

 片足をわずかに動かしただけの格好でエクササイズ(?)しながら、「ニャ~ニャ~」と鳴き声をあげるシンダーは、たいして動いてもいないのに、まるでキツいエクササイズに早くも悲鳴を上げているかのようだ。

 スタッフが「頑張ってるかい?」「いい子だね」とシンダーに声掛けをすると、早く止めろと言わんばかりに「ニャ~」を連発するシンダー。

 そのあまりにも怠惰な姿を捉えたキュートな動画は瞬く間に拡散し、カナダのマニトバ州の住むアーティストのアレックス・プラントさんは、自身のツイッターにシンダーのイラストを掲載し、「シンダー、応援しているよ」と励ましのツイートをした。


 後にプラントさんはメディアの取材でこのように応えている。

どこか共感できて、とても親しみのある猫だから、話題になるのでしょう。キツいルームランナーのエクササイズで弱音を吐かない人はいませんよ。きっと、猫も同じでしょう。

それに、獣医師やスタッフらがシンダーの減量に取り組む姿勢も一生懸命で素晴らしいと思います。シンダーをケアしていることは明らかで、親切な思いやりが動画を見ている方にも伝わってくるので、心を温められるユーザーも多いのではないでしょうか。




ペットの肥満に対する注意喚起になると獣医師


 キフニー医師は、公開した動画や写真が大きな反響を呼んだ後、次のように語った。

人間でも、厳しいエクササイズはしたくないという人も多いでしょう。でもシンダーの頑張りを見て、インスパイアされる人もいるのでは?と思います。

それに、この動画はペットの肥満の注意喚起にもなります。およそ60%の飼い猫が、太り気味や肥満の傾向にあるのですが、ほとんどの飼い主は気付いていないという場合が少なくないのです。

View this post on Instagram

A post shared by Northshore Veterinary Hospital (@northshore_vet) on


 安楽死を免れただけでも幸運だったといえるシンダーだが、肥満の状態ではせっかく助かった命も縮んでしまう。

 とはいえ医師の指示を伴わない過酷なダイエットは危険であるのは猫も人間と一緒だ。じっくりと時間をかけながら徐々に体重を落としていくことが推奨されている。

 猫だって軽くなった体で飛び回れたら楽しいだろう。がんばれ、シンダー!

 病院側は、フェイスブックインスタグラムでもシンダーの様子をシェアしている。

  written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング

ジャンル