top_line

中村勘九郎、バラエティ初司会!最新技術で再現された1964年東京で父・中村勘三郎の幼少期にふれる

テレビドガッチ


爆笑問題の田中裕二と、中村勘九郎が司会を務める『ミラクルトラベル 熱狂の1964東京へ』(NHK総合)が、11月4日(月)19時30分から放送される。現在大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合、毎週日曜20:00~)で主人公のひとり金栗四三を演じている勘九郎は、今回がバラエティ番組の初司会となる。

1964年、東京で最初のオリンピックが開かれた頃、日本中が熱狂に包まれていたが、そんな時代の「街並」を、最新技術を用いて写真から再現。同番組では、出演者たちが64年の東京にタイムトラベルし、時代の熱気を体感する。

また、当時、熱狂を生み出していた「人物」にも注目。世の中を変え、人々に勇気を与えたヒーローたちとして、長嶋茂雄、本田宗一郎、美輪明宏、そして中村勘三郎を紹介。伝説のスーパースターたちの生きざま、破天荒な人生哲学に迫る。

長嶋はスーパーポジティブだったのか、彼の人生哲学が記された貴重な資料を発掘。また、本田が社員8000人と「京都」を貸切にしたエピソード、美輪の「ヨイトマケ」誕生の裏にあった思いなどが判明。そして、歌舞伎を愛し歌舞伎に愛された勘三郎の幼少期の姿を、時を超えて息子の勘九郎が目にすることに。また、勘九郎は、父との思い出を回顧する。

今回、60年代の熱気に触れた先輩ゲストに、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、鈴木正文、長島三奈、YOUを迎え、長島は娘だから知る父・茂雄の姿を語り、勘三郎と懇意にしていた上島らは、彼らだからこそ語れるエピソードを明かす。

そして、1964年の熱気から、令和の時代にいかせる力を得ようとする後輩ゲストとして、桜井日奈子、佐藤勝利(Sexy Zone )が登場。桜井は、現代と違う64年の街並みに興奮。佐藤は、敬愛する本田宗一郎が生み出した伝説の車の登場に目を輝かせる。

TOPICS

ランキング

ジャンル