top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

飯豊まりえ・コロッケが彦根市を表敬訪問、特殊詐欺対策を呼びかけ「騙されない、強い家族になって欲しい」

music.jp

飯豊まりえ・コロッケが彦根市を表敬訪問、特殊詐欺対策を呼びかけ「騙されない、強い家族になって欲しい」(C)music.jp 〜ストップ・オレオレ詐欺47 家族の絆作戦〜
警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と連携して特殊詐欺被害を防止する為の広報啓発活動を行なっています。この度、同プロジェクトチームで特別防犯支援官を委嘱されている飯豊まりえ氏とコロッケ氏が、滋賀県彦根市への表敬訪問を行い、彦根市民に向けて「特殊詐欺に騙されない、強い家族になって欲しい」と呼びかけました。

訪問先レポート

『特殊詐欺に騙されない、強い家族になって欲しい。』
特別防犯支援官として活動する飯豊氏は、まず「特殊詐欺の被害が多くなっている中、より分かり易く犯罪への対策ができるように、また20代の若い世代にも対策をとってもらるように、自分なりの声掛けを行っていきたいです。」とSOS47の活動への意気込みについて話をしました。
彦根市民に向けてのメッセージを求められると、飯豊氏は昨年2018年の特殊詐欺の被害件数が全国で1万7000件以上、被害額としては380億円以上にも上っていることについて言及した上で、「被害に遭った方々の多くは、”私は騙されない”と思っています。ですが、その隙を狙って犯人は詐欺をしようと付け入ってきます。」と特殊詐欺へ危機感を持ってもらうよう訴えました。

また、特殊詐欺への対策として、”家族間のコミュニケーションを深めること”についても触れました。飯豊氏は、「オレオレ詐欺の犯人は家族のフリをして、電話をかけてくることが多いです。普段から家族間で連絡を取り合うことで、話がかみ合わない、話し方がおかしいなど、犯人からの電話の違和感に気づくことができます。」と家族の絆で詐欺被害を防いでほしいと伝えました。メッセージを受け取った大久保市長は、「少子高齢化で1人暮らしのお年寄りも増えてきており、彦根市も例外ではありません。ですから地域が1つの家族として、お互いに注意をしあって、特殊詐欺の被害に遭わないようにしていきたい。」とコメントしました。
彦根市表敬訪問には、同じくSOS47の特別防犯支援官を委嘱されているコロッケ氏も出演。鳳翔台で人気のお茶体験をしながら、和やかに懇談し、表敬訪問を終えました。

実施概要

■催事名
彦根市表敬訪問

■実施日
2019年10月19日(土)

■実施会場
彦根城玄宮楽々園内 鳳翔台

■主催
彦根市

■実施者
「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム
特別防犯支援官 飯豊 まりえ氏 / コロッケ氏

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル