top_line

フードデリバリーのアプリで野良犬に食べ物を配達する男性。それにはこんな事情があった(インド)

カラパイア

stray-dog-on-beach-4508243_640_e
TheOtherKev/pixabay

 海外では、野良犬たちが路上のゴミを漁っている姿を目撃することがある。運よく誰かに面倒を見てもらえたり、動物保護団体の目に留まればいいが、大抵の野良犬は、毎日エサにありつけるとは限らず、空腹に飢えて荒んだ生活をしている場合が多い。

 日本では安易な野良犬や野良猫の餌付けは良くないこととされているが、これはインドの話である。1匹の野良犬と自宅のアパートの前で出会った男性は、犬と親密な関係を築くようになった。

 残念なことにそのアパートでは室内で犬を飼うことができない。男性は犬に餌を与えていたが、仕事の関係で餌を上げられない時もある。

 そこでスマホアプリのフードデリバリーサービスを利用し、定期的に犬に餌を与えることにしたのだ。これで犬は空腹になることもなく、ゴミ箱を漁ることもなくなったという。

男性とシャドーの出会い


 インドのコウディアーに住むツアー・オペレーターで2児の父ヴァルギーズ・ウーンメンさんは、2年前に自宅アパートの前で1匹のメスの野良犬と出会った。

 ヴァルギーズさんは、その犬に自宅で調理したごはんや肉を与えるようになった。犬はヴァルギーズさんにとても懐き、ヴァルギーズさんが車に乗って現れると遠くからでも察し、彼の後をついて回るようになったという。

 ヴァルギーズさんは犬を「シャドー」と名付けかわいがったが、残念なことにアパートで犬を飼うことができず、外で触れ合うことしかできない。

dog1_e
image creditThe Times of India

 シャドーは、同じ場所でヴァルギーズさんに定期的にエサを与えられていたため、路上のゴミを漁らなくなった。とても良いことだ。

 だがその代わり、ヴァルギーズさんは責任をもってエサを与え続けなければならない。仕事柄家を空けることも多いため、留守の間シャドーを空腹にしてしまうことに悩んでいた。

 そして、あるアイデアを思い付いた。


フードデリバリーのアプリで食べ物を手配


 ヴァルギーズさんは、フードデリバリーのアプリにシャドーの名前でアカウントを作成し、食べ物の配達をしてもらうよう手配した。

 実際に初めて利用したのは、ちょうどヴァルギーズさんが出張していた時だった。家族も家を空けておりエサをやれる人がいなかったのだ。

 ヴァルギーズさんは出張先で配達担当者から連絡を受けると、「アパートの門前にいる犬に食べ物を配達してほしい」と頼んだ。


アパートの警備員も協力してくれる


 アパートの警備員ラダクリシュナンさんも一役かってくれた。彼は以前からヴァルギーズさんがシャドーにエサをやっている姿を見ていたのだ。

 ラダクリシュナンさんは配達員から食べ物を受け取り、容器を開けてエサをやり、シャドーが食べ終わると綺麗に片づけまでする役目を引き受けてくれた。

 ヴァルギーズさんによると、シャドーの好きな食べ物はビーフ・ビリヤニだそうだ。

私が留守の間でも、食べ物に困らないようにしてやらなければと考えた時に、フードデリバリーの案が思い浮かびました。ベストな選択だったようです。


シャドーの出産を助けたことも


 シャドーと出会って2年になるヴァルギーズさんだが、その間シャドーの出産も目撃したという。

激しい雨が降っていて、水が溢れた小さなトンネルの中でシャドーは出産していました。シャドーはパニックになっていたようで、鳴き声をあげており、私は息子2人と生まれたばかりの子犬全てを救助しました。

アパートは、犬の飼育が禁じられています。ですがこの時ばかりはこっそりと子犬たちを部屋の中に入れ、エサを与えました。

その後、子犬たちは養子縁組システムを通して、責任ある飼い主のもとへそれぞれ貰われて行きました。

 ヴァルギーズさんは、その後アパートが契約終了になったため引っ越したが、シャドーの近くにいたいという思いもあり、アパートの近くの家に住むことにしたそうだ。

 ヴァルギーズさんは、シャドーを定期的に予防接種にも連れて行っているという。シャドーを誰かほかの人の手にゆだねるということはしたくないようで、あくまでも外飼いの犬とみているようだ。

dog2_e
image creditThe Times of India

 シャドーとヴァルギーズさんとの友情を2年間見守ってきた警備員のラダクリシュナンさんは、次のように話している。

時々、シャドーに私のランチをシェアするかい?とオファーするのですが、食べようとはしません。

でも、ヴァルギーズさんからの食べ物を食べた後、水が欲しい時は鳴き声をあげるので、水をあげています。

 ヴァルギーズさんだけでなく、アパートの警備員からもじゅうぶんな世話を与えられているシャドー。もはや野良犬というよりはちょっとした地域犬となっている。

References:The Times of Indiaなど / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング

ジャンル