top_line

猫は少なくとも人間を人間と認識していない。むしろ同等と思っているふしがある(英研究)

カラパイア

-4198858529306117174_IMG_9508_e

 これまでの研究で、犬は人間に対し、自分たちとは異なる存在ととらえていることが明らかになっている。犬は人間を見ると態度を変えるし、犬と人間、犬同士では全く遊び方が異なる。

 ところが猫はどうだろう? 今だ人間を異なる存在ととらえていることを示唆する行動はまだ見つかっていないという。人間が自分たちより大きいことは理解しているが、社会的行動を大きく変えている様子はなく、尻尾を立てる、脚にまとわり付く、隣に座る、体をなめるといった、ネコ同士で行っていることと全く同じ態度を人間にも示す。


猫は人間を大きな同族と思っているフシがある


 英ブリストル大学で猫の行動研究を行っているジョン・ブラッドショー氏は、数年にわたってペットのネコたちを観察し、1つの興味深い結論を導き出した。

 その結論とは、ネコはイヌと同じように人間をとらえていないというものだ。 人間に対する猫の行動は、他の猫に対する行動となんら区別はない。おそらくはちょっと大きい同族と思っている節があるというのだ。

 「良く” 猫は人間を大きくてバカな猫だと思っている。” と言われているが、そこまでではない。確かに猫は人間を不器用だとは思っている。しかしばかだとは思っていない。なぜなら猫は自分より劣った猫にはすり寄らないからだ。 」ブラッドショー氏は語る。

-2669455152484615166_IMG_9572_e


猫は我々が思っているより賢い


 猫はすでに身につけている行動を使って人間とコミュニケーションを取る。また、その場で体験したことを学習し、本来しないことを覚え、それを有効活用することができる。

1.猫が誰もいない部屋で声を出す
 猫は特定の音を立てたとき、飼い主がどう反応するかをはっきり覚えている。もし猫が“飼い主を別の部屋から呼びたい”と思ったとしたら、声を出すのが効果的であることも知っている。猫は直接的に学習するのだ。

2.猫が特定の誰かになつく
 猫は家族の誰が自分にとって役に立つかを学習する。誰が朝4時に起きて餌をくれるかまできちんと把握したうえで行動を起こしている。

48F1EB4A-F75D-4F04-8CD8-6DA8444348BB_e


猫のしつけ

 人間と同等であると思っている猫だけに、そのしつけについて頭を悩ませる人も多い。ブラッドショー氏はこんなアドバイスをする。

 例えば、台所のテーブルに飛び乗る癖が付いた場合、やめさせる方法はいくつかある。まず、ばねのおもちゃを使う方法だ。猫が飛び乗ると、おもちゃが音を立てて跳ね上がるようにしておけば、猫は嫌がって飛び降りる。

 もう1つは子供の水鉄砲を使う方法。テーブルにのったら水鉄砲をかける。ただし、水鉄砲を持っているのを猫に気が付かれないようにすること。もしバレたら猫は許してくれないだろう。猫は、不安や害を与えられていることに気付くと、その相手を避けるようになるからだ。

IMG_2071_e


猫について知るべきこと

 猫は社交的な動物だが犬ほどではない。猫を飼っている人の多くがもう1匹増やそうとする。その方が2倍楽しいし、猫も寂しくないからと考えるからだ。しかしそう思わない猫もいる。

 「もし2匹以上の猫を飼いたければ、慎重を期してほしいと。そして、うまくいかなければ諦める覚悟も必要だ。 」ブラッドショー氏はそう語った。

6_e_e

動画:猫の猫による猫の為の人間の世話をする方法

TOPICS

ランキング

ジャンル