top_line

深すぎる「フィギュア沼」を見てきた:「マクロス」も「コンV」も…懐かしくて新しい超合金ロボ、ついに伝説の“15体合体”へ

エンタメステーション

深すぎる「フィギュア沼」を見てきた:「マクロス」も「コンV」も…懐かしくて新しい超合金ロボ、ついに伝説の“15体合体”へ

<写真特集「魂ネイション2019」超合金ロボット編>

BANDAI SPIRITSの大人向けコレクターズ商品ブランド「TAMASHII NATIONS」が、最新の造形技術の粋を集めたフィギュア展示イベント「TAMASHII NATION(魂ネイション)2019」を開催。未発表のものも含め数百点にもおよぶ完成品フィギュアを一同に展示しました。思わず手を出したくなってしまう、しかしひとたび集め出したら大変なことになりそうな、ここはまさしく「フィギュア沼」……。

東京・秋葉原にて2019年10月25日~27日の3日間行われたイベント、その模様をお伝えしてきた本特集。最終回は「TAMASHII NATIONS」の中でも特に歴史があり、ディープな世界の広がる“超合金ロボットもの”に注目。これまでで最多の写真点数でレポートします!

取材・文・撮影 / 柳 雄大

40代以上じゃないとわからない!? 超懐かしロボットがここまでハイクオリティに……

「魂ネイション2019」は秋葉原の大型イベント会場2か所で行われましたが、このうち入場料1,000円(税別)として観覧のハードルを設けられたのが秋葉原UDX会場。“Robot Center”と称した同会場には、45年もの伝統がある「超合金」ブランドを受け継ぐ最新ロボットフィギュアが所狭しとディスプレイされていました。

アニメさながらの合体や変形を重視したズッシリおもちゃタイプ、あらゆるポーズを自在にとれるアクションフィギュアタイプ、その両方の方向性で種類を増やしているロボットフィギュア。前者では「DX超合金」(戦闘機型からの変形が有名な「マクロス」のメカを展開)、「超合金魂」(1970~80年代の変形・合体ロボが中心)などが人気です。「超合金魂」ではなんと“15体合体”を実現した伝説のロボット「ダイラガーXV」が最新作に加わったのがマニアの間で話題になりました。

超合金魂 GX-88 機甲艦隊ダイラガーXV

さらに、これらよりもひと周り大きなサイズで超重量級というハイエンドモデル「DX超合金魂」も。こちらは未発表の新作「大空魔竜ガイキング」、「超電磁マシーン ボルテスV」の参考出品があり存在感を示しています。その一方で“DX”や“魂”が付かない昔ながらの「超合金」ブランドが現在もあり、こちらでは逆に変化球のアイテムが並ぶのが面白いところ(なぜかサンリオの「ハローキティ」まで超合金に……)。

そして、小さめのサイズ感ながら変形ギミックなどもおさえた「HI-METAL R」、アクションフィギュアシリーズ「ROBOT魂」「METAL ROBOT魂」など少しずつコンセプトが違うブランドが並びます。これに加え今回の「魂ネイション2019」で目立ったのが、二頭身体型が特徴の「ネクスエッジスタイル」。1980年代後半のレジェンド「魔神英雄伝ワタル」の懐かしロボを揃えたほか、新作アニメ映像(PV)とともに新しい機体をお披露目し、ただ懐かしい、と感じるだけで終わらない世界観を提示しました。

以上総勢8ブランドの最新作を、ここから約100点のフォトギャラリーでお伝えします!

DX超合金

魂ネイションズのキャラクタートイ開発技術を結集し、最新キャラクターの完全商品化に挑戦するシリーズ。常識を超えた超絶可変・合体ギミックが魅力。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:「マクロス」シリーズ

フォトギャラリー(タップで大きくなります)

超合金魂

ダイキャストを使用したボディとそこに秘められた数々のギミックは、少年の頃の熱い思いをよみがえらせる。規格化されない数々のギミック、キャラクター毎への異なるアプローチとチャレンジ。「超合金魂」は合金玩具を代表するシリーズである。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:キャラクター:「ゲッターロボ」、「超電磁ロボ コン・バトラーV」、「闘士ゴーディアン」、「機甲艦隊ダイラガーXV」ほか

フォトギャラリー(タップで大きくなります)

DX超合金魂

数々のキャラクターを再現して積み重ねられてきた「超合金」シリーズの頂点に立つDXモデル。大型のボディに、内部メカ再現やサウンドギミックなど様々なメカニズムが搭載される。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:「大空魔竜ガイキング」、「超電磁マシーン ボルテスV」

超合金

1974年発売の大ヒット商品「超合金 マジンガーZ」からスタートした、ダイキャストを使用した玩具シリーズ。ダイキャストを含む複合素材による外観再現に加え、発射、合体、変形などキャラクターに応じたギミックを搭載。そのコンセプト、デザイン、アクション性は「超合金」というトイカテゴリーを生んだ、玩具のパイオニアシリーズ。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:「疾風!アイアンリーガー」、「ハローキティ」

フォトギャラリー(タップで大きくなります)

HI-METAL R

歴史ある「HI-METAL」シリーズへのリスペクトをもとに、構成要素である「変形・ギミック」「複合マテリアル」を踏襲し、最新の技術でリニューアルし、新たなるプロダクツをリビルドしていくブランド。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:「マクロス」シリーズ、「戦闘メカ ザブングル」、「重戦機エルガイム」ほか

フォトギャラリー(タップで大きくなります)

ROBOT魂

長年「TAMASHII NATIONS」が蓄積してきた技術と、ロボットを愛する心=“ロボット魂”が創りだしたハイターゲット向けロボットフィギュア。最先端のCAD技術+造形職人の匠の技が織りなす“造形の妙”で、数々のロボットを圧倒的な完成度で立体化する。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:「聖戦士ダンバイン」、「ガサラキ」、「OVERMANキングゲイナー」ほか

フォトギャラリー(タップで大きくなります)

METAL ROBOT魂

ダイキャスト素材による重厚感を持つ『超合金』と、ロボットを愛する心から生まれた『ロボット魂』が融合したダブルネームブランド。金属感、重厚感をテーマに演出された彩色表現と併せ、『質感』と『可動』を両立させている。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:「コードギアス」シリーズ

ネクスエッジスタイル

ROBOT魂で培われた造形や可動のノウハウを用いた、新世代のアクションフィギュア。エッジの効いたデザインとシルエットで表現する「EDGE PLUS」アレンジによりキャラクターの新たな魅力を引き出しつつ、立体としての見栄えを追求するシリーズである。(「魂ウェブ」より)

キャラクター:「魔神英雄伝ワタル」シリーズ

フォトギャラリー(タップで大きくなります)

「TAMASHII NATION 2019」オフィシャルサイト

深すぎる「フィギュア沼」を見てきた:「マクロス」も「コンV」も…懐かしくて新しい超合金ロボ、ついに伝説の“15体合体”へは、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル