top_line

男子のホンネ!初めてのデートで彼の「彼女候補」になる子って?

愛カツ

「デートしたのに告ってもらえない」という未満恋愛を卒業したい女子は多いはず。そんなときこそ逆の発想!

初めてのデートで「この子と真面目に付き合いたい」と思う男子の本音を聞き出してみました。

素直で正直なところ

「普通は初デートといえば楽しいものじゃないですか。でも彼女は遅刻したこともあってか、どこか浮かない感じ。『どうしたの?』って聞くと、『本当ゴメン。言い訳になるから……』って言っていたので、僕の方から訳を尋ねました。そしたら、ちゃんと理由を話してくれたので『この娘は大丈夫だな』って思いました。ただの二度寝だったんですけど(笑)」(26歳/電気工事)

自分の非を素直に認める。そして、正直に話せること。この2つは、彼女候補だけでなく、人としても大切なことです。

その場しのぎの嘘をつけば、彼女候補どころか一気に修羅場を迎える、なんてことも十分に考えられます。

たとえ初デートで遅刻しても、素直に謝り、正直に打ち明けてみましょう。

気配りができる

「初めては3対3のグループデートでした。ランチのときに全員にお皿を配ったり、とても気遣いができる女子で、会話でもみんなに気配りをしていました。当然、好印象には変わりないのですが。ただ、あとから一緒にいた男友達に『あの子は絶対に彼女にすべき。だって自分の友達もそうだけど、うちらにまで優しくしてくれてたじゃん』と。それを聞いて、いい人に出会えたと思いました」(25歳/プログラマー)

八方美人と気配り上手な女性は、まったくの別物。もし八方美人なら、男友達の本音も当然、変わっていたはずです。

誰が見ても気配りができる優しい女性だったからこそ、彼氏の嫉妬心が一発で解消されたのでしょう。

時と場所、場面に応じた気配りができる、フランクな対応もポイントです。

一緒にいて落ち着く

「やっぱり気を遣わないところですかね。初めてご飯を食べにいったときも、『きっちり割り勘で』とかはなく。僕的には払うのが当たりだと思っていたし、お礼も求めていなかったのに、『美味しかった、ごちそうさま。次はなに食べたい(今度は私がおごるよ的な感じでした)』と言われ、そのさりげない優しさが印象的でした」(31歳/ヨガインストラクター)

女性はただでさえ気を遣うもの。それを相手に、変に押しつけがましくしないのが、男子を惚れさせるテクニック。

自分は気を遣っても、相手には気を遣わせないことが、結果的に男心を捉えるようです。

付き合っているとはいえ、元は赤の他人同士。生まれ育った環境も違えば、価値観も違うもの。もちろん、男女間での感覚の違いもあります。

男性が落ち着く、と思える雰囲気を自然にだせる女子を目指しましょう。

素女子力を身につける!

初デートは浮かれやすいものですが、普段から相手を考えられる言動を身につけておけば、浮かれがちな初デートが、ちゃんとした交際に発展するチャンスに変わります。

それには日々の心を養う「素女子力」を鍛えることが大切です。

取り繕うことも、飾ることもなく、自然体の自分で男子の気持ちを揺らすことができる素女子力。ぜひマスターしてみてください!

(鹿賀大資/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル