top_line

マツコも大興奮!まるでチーズのような“究極のチーズケーキ”が登場

テレビドガッチ


マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。10月29日の放送では、「チーズケーキの世界」と「砂時計の世界」に迫る。

「チーズケーキの世界」をマツコに語るのは、12000種類のケーキを食べ比べた男・福田弘亘さん(47歳)。毎日ケーキをたらふく食べられる社長になることを幼少期から夢見ていた福田さんは、30歳で脱サラし、飲食店専門のホームページ制作会社で念願の社長に。今では1日3個ケーキを食べる生活を送っているという。

その中で、チーズケーキにハマった理由は「見た目」と「味」のギャップだそうで、口に入れた瞬間、見た目からは想像できない香りと味に、いい意味で裏切られ、刺激を受けていると明かす。

番組では、3大ジャンル「ベイクド」「レア」「スフレ」から福田さんの選りすぐりの3品を紹介。そして、今大流行中の第4のチーズケーキと言われている「バスクチーズケーキ」もお目見えし、試食したマツコも大満足。さらに、小麦粉を一切使わない究極のチーズケーキについてもふれるが、もはやチーズのような超濃厚「生チーズテリーヌ」の正体とは?

一方、「砂時計の世界」では、小学生の頃、文房具店で見つけた砂時計に一目惚れして以来、その魅力の虜となり、日本唯一の専門店を開いた女性、和田朱美さん(52歳)が、その魅力をに語ることに。

お店では「一緒に眺めませんか?」と客に声掛けしているという和田さんが、永遠に眺め続けられるという砂時計を選りすぐって紹介する。

また、日本に3人しかいないという砂時計職人の作品に触れながら、職人の技術力が一番問われる“オリフィス”というガラスの“くびれ”部分の作り方などを紹介。さらに、ダイヤモンドを砂替わりにしたものや、もう二度と作れない“南極の砂”を使った珍しいモノも披露。そして、マツコの体形をモチーフに作られた砂時計もスタジオに登場。職人がマツコの為に施した、粋な演出に注目だ。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル