top_line

ブルゾンちえみの演技はどう?リケジョが超変身!桐谷美玲主演「人は見た目が100パーセント」第1話レビュー

music.jp|テレビ・映画

ブルゾンちえみの演技はどう?リケジョが超変身!桐谷美玲主演「人は見た目が100パーセント」第1話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 桐谷美玲が主演を務めるフジテレビ系列ドラマ「人は見た目が100パーセント」。4月13日(木)に放送された第1話では、地味でファッションやメイクに全く興味がなかった主人公の純に、突如勤めていた会社の合併によって、試練が訪れる。すっぴんでも美人の桐谷美玲が、地味でモテない役を演じていてリアリティない! と、傍で視聴していた夫が叫ぶこのドラマ。果たして、これからどう純が見た目とともに、心境の変化を表現していくのか、注目だ。

第1話 地味なリケジョが、大変身!

主人公の城之内純(桐谷美玲)は、同僚の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)といそいそと流行りの“うさぎ顔メイク”に励む。
慣れないメイクに落ち着かない3人だが、なぜこのような事態になったのか…。

時は三ヶ月前のこと。
八王子製紙にの研究室で一日中実験に没頭していた純たち3人。
純たちが所属する八王子製紙第3研究室は、ある日のこと大手化粧品メーカー・クレエラジャパンに吸収される。

地味な世界から突如おしゃれな世界へ引きずり出されてしまった純たち。
新年会でおしゃれに気を使うクレエラ社の面々と対面した純、満子、聖良の3人はその美しさに圧倒される。
さらに純はビンゴ大会で数字を的中させてしまい、壇上へ…。

しかしそこで渡されたまぶたにつけるアイグロウジェムを、グロスと間違い唇につけてしまいクレエラの女性陣から失笑されてしまう純。

ショックで気を失った純は、クレエラ社統丸の内研究センター長の國木田修(鈴木浩介)に、「これからはもう少し身なりに気を遣った方がいいんじゃないですか? 人は見た目が100パーセントなのですから」と言われてしまう。

満子はこのままではいけないと、純や聖良にはっぱをかけ、3人は見た目を磨こうと決意するのだった。

ブルゾンちえみ演じる聖良に共感

メイクやファッションに気を使い着飾ることが苦手な主人公の純。
間のCMにバンバンファッション関係のアイテムが登場し、4月から新たな環境で、おしゃれしないと気まずい状況になっている女子モドキたちに、直訴するようなこのドラマ。

帽子をかぶった物理的理由を尋ねられるのが、女子モドキ、などと具体的な悩みには苦笑しつつ、國木田のアドバイスで個性に合わせたファッションを身につけたとたんに、おしゃれに変身してゆく、3人の見た目に注目。
最初は違和感あったブルゾンちえみ演じる聖良が一番このドラマには適役なんじゃない? と思うような印象だ。
見た目をちょっと気を使ってメイクし可愛い服を着ただけで、すごく美人になっているのだから。
聖良から、女の子はメイクでここまで可愛くなれるんだ! って勇気をもらえる。

次回第2話は、4月20日(木)午後10時から放送される。

フジテレビ系列ドラマ「人は見た目が100パーセント」。
見た目に気を使い始めた純たち3人の前に、庶務課の“ステキ女子”たちが現れ華やかなSNSを披露される。外側だけでなく、中身もおしゃれを求められる生活に、純たちは適応できるのか!?
第2話は、4月20日(木)午後10時から放送される。

「人は見た目が100パーセント」公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/hitopa/index.html

⇒原作コミック「人は見た目が100パーセント/大久保ヒロミ」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル