top_line

【朗報】セブン『蒙古タンメン中本』がリニューアルして新発売! ニンニクで旨みがアップしてるぞ!! 明日10/28発売

ロケットニュース24

【朗報】セブン『蒙古タンメン中本』がリニューアルして新発売! ニンニクで旨みがアップしてるぞ!! 明日10/28発売

入れ替わりが激しいコンビニの棚。先月買って気に入ったものが、今日もある保証なんてどこにもないのだ。しかし、そんな戦国の世を10年に渡り勝ち続けてきた猛者がいる。『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌』である。

2008年の登場以来、セブンの定番カップ麺として人気を博している『蒙古タンメン中本』。コアなファンが多い同商品だが、なんと明日2019年10月28日よりリニューアルされた新バージョンが順次発売されるという。その実物が編集部に届いたため、一足早く味わってみたぞ!

・中本がリニューアル

辛い! 辛い! マジで辛い!! でもなぜか箸が止まらない……! 『蒙古タンメン中本』とはそういうカップ麺だ。個人的には現行のバージョンですでに完成されているように思うのだが、一体どこをどうリニューアルしたのだろう?

セブン&アイ・ホールディングスによれば、アンケートを基に改善されたのは以下の2点。

① 麺重量を80gから85gに増量した。
② 別添オイルを「辛味オイル」から「辛旨オイル」に変更。生のガーリックの風味を加えた。

※価格は税抜189円から税抜200円に値上げされている。

・新旧食べ比べ

①はともかく、②に関しては味に大きな違いがありそうだ。そこで、新中本と旧中本を同時に用意して食べ比べをしてみたい! と言っても、両者の見た目はほとんど同じ。カギを握るのはやはりオイルか。

お湯を入れた段階では違いはまるで感じられなかったが、オイルをかき混ぜると……うわッ! 全然ちゃうやん!! 新中本からはニンニクのいい香りが漂っているぞ。これと比べれば、旧中本はほぼ無臭である。ニオワナイ。

・いつもの中本

さあ、まずは旧中本の方からすすってみよう。ズズッ! ズズ~~!! うん……うん……いや辛ぇわ! 辛いよ! おなじみの辛さだよ!! にもかかわらず、妙に後を引くのが中本マジック。額に汗を浮かべながらも、なぜかズルズル食べてしまうのだ。不思議だよなぁ。

というわけで、完全通常営業だった旧中本氏。お次は新中本に行ってみよう。先述の通りニンニクパワーを全身にまとった新中本氏であるが、実際に食べてみると……いや辛ぇわ! 辛いよ! どっちにしろ辛いよ!! あ、でも奥の方にニンニクいるかも。

・ニンニク効果

匂いほどのインパクトはないものの、スープを飲むと確かにニンニクの存在が感じられるのだ。そしてこれにより、全体的に旨みが増したような印象を受ける。味のコントラストがよりハッキリしたというか……。ちょ、もっかい旧中本に戻ってみよ!

・旨みの差

再びすすってみると……ああ~。さっきは感じなかったけど、旧中本の方が味が単調だな。旨みに欠けるというか、中本嫌いな人がよく言う「ただ辛いだけ」という表現がちょっとだけ分かってしまった。辛いだけで旨みのないスープ……今ならちょっと分かる。ちょっとだけね。

・結論

リニューアルによる劇的な変化はないものの、食べ比べるとハッキリ分かる旨みの差が両者には存在した。旧中本に少なからずあった欠点を、新中本が見事に埋めてくれたというワケだな。よって味に関して言うなら、今回のリニューアルは大成功だったと思うぞ。年季の入った中本ファン諸君も安心して食べてくれい!

参考リンク:セブン&アイ・ホールディングス(PDF)
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

TOPICS

ランキング

ジャンル