top_line

テクニクスから新ドライバー搭載の高級イヤホンとDJ向けヘッドホン

もっとエンタメ

 パナソニックは、オーディオのテクニクス・ブランドで、ブランド初となるイヤホン「EAH-TZ700」(12万円・税別)、DJ向けヘッドホン「EAH-DJ1200」(同1万8,000円)を、11月15日に発売する。

 EAH-TZ700は新開発ドライバーの搭載が注目のポイント。ボイスコイル部に磁性流体を使うことで、電気信号を振動板の前後動作に変換する過程でロスを大きく抑え、高効率と正確なストローク、低歪みを実現しているという。また振動板を支えるエッジ部に新技術を導入して、100kHz超という高域特性を獲得。ボディには外れにくく快適な装着ができる3Dデザイン、イヤピースも専用設計になっている。ケーブルは着脱式で3.5mmステレオミニプラグ付きと2.5mm4極バランスの2種のケーブルが付属。仕様は、インピーダンス19Ω、感度108dB、重さ7g(ケーブル含まず)。

 ヘッドホンEAH-DJ1200は、DJ用ターンテーブルとして累計50万台という世界的に絶大な人気を誇ったSL-1200MKシリーズの復活から派生したモデル。1996年から2010年まで発売されていたRP-DJ1200をベースに改良を加えている。口径40mmのドライバーを新開発。大音量のDJプレイでもモニタリングがやりやすいサウンド、大入力にも歪まないパフォーマンスを与えている。コードを着脱式としてハードなDJユースでの断線トラブルに対応。ロックを設けて脱落を防ぎ、ヘッドバンドやハウジングの回転機構などの耐久性も向上しているという。主な仕様は、インピーダンス45Ω、感度106㏈、最大入力2.5W、重量233g(コード含まず)。

TOPICS

ジャンル