top_line

マツコ、30億円の借金を抱えた若女将に唖然!元TBSスポーツ局長秘書という異色経歴も判明

テレビドガッチ


マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。10月26日の放送は、群馬県・伊香保温泉で老舗旅館を切り盛りする若女将たちが集う「つぼみの会」と中継を結ぶ。

26年前に発足した「つぼみの会」は、現在、伊香保温泉を筆頭に、日本全国の温泉地の若女将が20名ほど所属。情報交換を行ったり、若女将同士で悩みを相談し合ったりするという。

まずは、TBSスポーツ局の局長秘書を務めた後、電通での勤務を経て、伊香保温泉の老舗旅館の若女将になった「つぼみの会」の会長が登場。会長は、女将になってから一番辛かった出来事として、30億円の借金を抱えてしまったというエピソードを披露し、マツコを驚かせる。

莫大な借金の原因は、“伊香保の三重苦”と称される2004年に連続して起きた「浅間山噴火」と「新潟県中越地震」と、そして、日本各地で起こった「温泉偽装問題」によって、客足が一気に遠のいたことだった。旅行客が激減したせいで、破産寸前までに追い込まれた会長の旅館だったが、家族で話し合いを行い、“お客様への貢献”を理念にすべてを見直した結果、経営が回復。去年、借金30億円の返済が終わり、ついに黒字経営になったという。

他にも、跡継ぎ問題を抱える独身の若女将や、合コンがきっかけで嫁いだという元外務省の若女将などが登場。彼女たちが行った旅館の大改革に、スタジオは騒然としてしまう。波乱万丈の人生を歩む若女将たちに対し、マツコは、「歴史と伝統が長く続いている旅館って、ちゃんと時代に合わせて変えているのね……」と感心する。

TOPICS

ランキング

ジャンル