top_line

どんな恋でも恋だから。応援してるよ!aikoの「ココア」

UtaTen

様々な恋をたくさん歌ってきたaiko


aikoは、デビューしてからこれまでたくさんの恋の歌を歌ってきた。

切ない片思いの恋を歌う「どろぼう」「かばん」、両思いで幸せがあふれる「ロージー」「ハチミツ」、聴くと泣けてくる失恋の歌「アスパラ」「2時頃」。そして、知らない人はもう居ないかもしれない、代表曲の「カブトムシ」。

ざっとあげるだけでも、こんなにたくさんの恋をaikoは歌ってきた。
今回はそんなaikoの楽曲の中から、多くのファンから不倫の曲なの?と解釈された恋の歌「ココア」に注目していく。



「ココア」は純粋な恋の歌?それとも・・・?




『ココア』は、とっても純粋な恋を描いている曲だと思うのだ。

この歌詞を見ると、今まさに告白をしようとしているのかもしれない。
「こんな時、言葉が邪魔だったりする」からは、ドキドキしている模様が汲み取れる。
そのあとに続くフレーズからは、胸の高鳴りをごまかす為に「伝えたい事」ではない、どうでもいい事を話していると推測できる。

しかも「目を見るのもの今は恥ずかしい」くらいの距離でだ。恋をした人なら、共感してもらえるだろう…相手が好きであれば好きであるほど、相手の目を見ることはとてもハードルが高い出来事。

一般的には、外見がイケメンだから恥ずかしいというのもあるかもしれない。しかし、ここで示されているのは、そういうところじゃない。

相手を心から好きと思える人ほど、目を合わせるだけでドキドキできてしまい、胸が好きで埋め尽くされ爆発しそうになるという点だ。

そして、歌詞の中では描かれていないもののどこからか、“そんな風に人を好きになったのはじめて”という気持ちが伝わってきて、この描写だけでこちらまでドキドキしてしまう感じさえある。

恐るべき、aikoの表現力だ。

ただ、そんな次の歌詞フレーズからは状況が一転していってしまうのだ。



“秘密”しかない「ココア」が描く恋とは…




目を合わせられないほど、好きで溢れている二人が結ばれたらある「秘密」が完成してまうとうたっているのだ。

特に引用した歌詞フロックからは、どこもかしこも「秘密」しかない。

「キスする」というのは本当だったら、こっそり友達に照れながらも報告したいほどの嬉しい事なはず。

しかし、それを「内緒」でキスしようと求められている。



幸せな出来事だからこそ、本来は秘密にする必要なんてないはず。なのに、全部「絶対秘密」にしてしまおうとしてる。

そもそも、「秘密」の裏には“罪悪感”が産まれ、幸せな気持ちを「少し苦しい」気持ちにさせてしまうものだと思える。

どうだろうか?
こう見ると、『ココア』を“不倫の曲”と解釈した人が多いのも、頷けるのではないだろうか。

ここで、少し歌詞から離れて少しだけ余談を紹介したい。

aikoが歌詞を書く時にはいつも、“私はこう思うのだけど、誰かも同じ様に思うのかな”と、考えながら歌詞を書くというのは有名な話だ。

ディープなファンならきっと、その事を知っているだろう。だからこそ、『ココア』の歌詞を読んで“不倫の曲”と捉えるのもおかしくはないと思う。

しかし、歌い手の当の本人aikoは、“『ココア』は不倫の曲なの?ひょっとして不倫の経験があるの?”と、言う声に対して下記のように言及したことがある。

“私に不倫の経験は、もちろんない”
“でも、そういう捉え方もあるのか。リスナーが色々な解釈で(曲)を聴いてくれている。広がっているんだと実感した。”

こんな風に、aikoは話したことがあった。

それでは、『ココア』が“不倫の曲”である事を否定するaikoが、『ココア』で“伝えたかった事”とは一体なんなのだろうか。再び、歌詞に戻って考察をすすめてゆく。



不倫でもない浮気でもない、“秘密の恋”

「秘密」という言葉の響き。シンプルにこの言葉があることで、“不倫”や“浮気”を連想してしまっているのかもしれない。



しかし、この歌詞を見ると、2人の関係が「絶対」であること以外は、お互い心から想い合っているのがよくわかる。

では、不倫でもなく浮気でもない恋のカタチは他に何があるのだろうか・・・?

私には、aikoが『ココア』で描いた「秘密」の恋とは、すでに相手がいた人を、やっとの想いで振り向かせた実らせた恋を指しているように思えるのだ。

片思いをした人に恋人が居る。この時点で諦める人が大多数だ。
そしてこの恋の結末はだいたいが“諦める事”がゴールになってしまいがちだと思う。

友達に相談したとしても、「相手がいるんじゃ…仕方ないね、諦めるしかないね…。」と言われて慰められる事が多いだろう。

それでも、“誰かを大切にしているあなた”を、大切にしながら。自分の気持ちも大事にしていたら、奇跡がおこる事だってあるかもしれない。

そして、もしそんな奇跡がおきて相手のいる人が自分に振り向いてくれたなら、当人は幸せになるはずだ。ただ、それと引き換えに批判されてしまう事でもあるといえる。



だから“秘密”にするのです


相手が居るにも関わらず、二人きりで出かけてデートをしたり、他にも何か特別なアクションをしていたのならば、当然「浮気」と批判されるべきものだ。

しかし、密かに想い続けている中で想い人がこちらに思いを寄せてくれた場合。これは、どうだろうか?「浮気」と断言できる人は居ないだろう。

ただ「浮気」とは言い切れないが「略奪」と批判の声があがるかもしれない。

本人達からすれば、まちがいなく“奇跡”だろう。しかし、立場が違えば「奪われた」という感覚と事実は残る。

そして、「奪われた」人は言葉で批判をする。周囲につながる人を巻き込みながらも。

すると、奇跡で結ばれた幸せなはずなのに、あちこちで様々な形で傷つけられるかもしれない…。

そうなる前に、誰もがこう思うはずだ。大事な人が、傷つかないように。“守りたい”と。好きな人を想う時、必ず誰しもが想うはず。

だから、守るために付き合っていることを、まだ秘密にしておくことは悪いことじゃないように思える。。

その決心が「繋いだこの手、力入る」と、手にあらわれるほど…。“相手を守るために”「うまくやっていこう」と、硬く誓うのも当然だと思えるのだ。


aikoは「ココア」でファンの恋を応援したい!


ここまで歌詞の解釈をすすめてきたのだが・・・。ここで大きな疑問がある。

なぜaikoは、『ココア』で”不倫の曲”だと連想しやすい歌詞を書いたのだろう?

きっと、aikoなりの“ファンへの想い”がそうさせたのではないかと私は思うのだ。

これも有名な話だが、aikoはライブの後にファンからもらうアンケートに必ず目を通す。

そこには、様々な話が書かれているだろう。そして、“決して誰にも話せないようなこと”が、書かれていることもあるはず。。

もちろん、様々な話があるだろうけれど特に、恋の歌をたくさん歌ってきたaikoに打ち明けたい、恋愛の話もたくさん寄せられると想像ができる。

■止められない心だってある
一般的には、良しとはされない恋愛を、自ら積極的にする人は少ない。しかし、心が止められない事だってある。そんな恋を、aikoのファンがしていたのだろう。

きっとその人は、aikoの数ある恋歌に、たくさん支えられてきたに違いない。

“私はファンのみんなに依存している”“みんなが愛おしくて、いなくなったらと考えると不安になる”と、公言しているaikoにこそ聞いて欲しい想い。

決して、誰にも言えなかった悩みを打ち明ける相手として、私(aiko)を選んでくれた。と、なれば。

“歌でファンを応援したい!”と、考えたとしたらすごく自然でありそこにaikoらしさを感じると思うのだ。

だとすれば、私にはこの『ココア』は、ファンから聞いた“秘密の恋の打ち明け話”の、aikoからの返事”なのではないだろうか…と思えてならない



『ココア』が、“秘密の恋の打ち明け話”の“返事”ならば。この「秘密」は“=不倫”ではなく。

“私(aiko)とあなた(リスナー)”との「秘密」。と、いう意味になるのだ。歌詞で描かれている表現を切り取ってもシチュエーションとしてもそう考えるとこの「ココア」にまた違った意味が込められているように思えるのだ。



どんな恋でも、恋をする気持ちは本物。





『ココア』というタイトルではあるが、『ココア』が登場するのは、曲の中盤のこの1箇所だけ。

この、一箇所にaikoのファンへの“想い”がすべて詰まっている。

aikoは、“日常の中の、色んな瞬間に(aikoの曲を)鼻歌で歌ったりして、曲がみんなのものになったらいいな”と、思いながら作曲をするときがあるのだそうだ。

『ココア』もきっと同じ想いで書いているはずだ。

aikoの愛するファンが“秘密の悩みを、打ち明けてくれた”と、なれば。とにかく、“応援しよう”とするだろう。

しかし、aikoも“ファンを愛している”からこそ、心配で確認するのだ。
秘密の恋をする事、それは。

「後戻りは出来ないよ」と。

それを承知で、止められない恋心ならば。それは、普通の恋と変わらない。本気の恋なのだ。

だったら、“私も応援するよ…”と、なかなか理解されない心を、aikoだったら受け止めたいはずだ。


aikoの「ココア」は恋の応援歌。


しかし、秘密の恋は、aikoにしか打ち明けられなかった、その事実と同じ。

“誰にも言えない”のだ。だから、嬉しい事も悲しい事も全部“独り”で抱えなければならない。

それは、当事者にしかわからないだろうけれど。果てしない苦しみと、孤独。そういった感情が、恋をする喜びよりも、多いのだと想像できる。

aikoは、その“不安”を想像して、少しでも不安が癒えるようにと。この曲のタイトルを『ココア』にしたのだと思う。

暖かいココアを飲むと、冷たくなった体は暖まる。それは同時に、心も暖めて、ホッと安心する。ココアは、不安を癒してくれる飲み物。

aikoは、ココアを飲んだ時に感じる、優しくて甘い。あのぬくもりと同じ、暖かい気持ちで。『ココア』を歌い、全ての恋を励まそうとしてくれている。

TEXT 後藤 かなこ

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル