top_line

橋本愛演じる百合、セクハラ被害に苦悩!?東日本大震災も起こり…『同期のサクラ』第3話

テレビドガッチ


高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話が、10月23日に放送される。※野球中継(日本シリーズ)の結果次第で放送時間変更の可能性あり。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。また、サクラの同期役として橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出演する。

第2話の放送直後に流れた第3話の予告で、サクラが、橋本演じる月村百合に「ブス!」と発言するシーンが話題になっている。YouTubeには、60秒の第3話予告も上がっており、百合がサクラに向かって、「夢夢夢夢、うるさいのよ。夢があれば偉いわけ? 夢がないと生きてちゃいけないわけ? 何がふるさとの島に橋を架けるよ。気持ち悪い!」と発言。そんな百合に対してサクラは、「ブス! ブスブスブス!」と強烈なカウンターパンチを返す。果たして百合とサクラの大ゲンカの真相は……?

<第3話あらすじ>
2011年3月の東日本大震災前日。間もなく入社3年目を迎える人事部のサクラは、会社の採用パンフレット作りのため広報部の百合と協力する。男社会のゼネコンで本音を殺して働いてきた百合が、セクハラを受けていると知ったサクラは、忖度なしの行動を起こし騒動に。さらに震災の混乱で対応に追われる中、サクラは百合が寿退社すると聞き……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル