top_line

相良茉優「これからも応援してくださる方の近くにいたい!」【声優図鑑】

ダ・ヴィンチNEWS

キャラクターの裏に隠された自分自身をありのままに語る、ダ・ヴィンチニュースの恒例企画『声優図鑑』。第227回目に登場するのは、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の中須かすみ役で注目を集め、「温泉むすめ」では芦原小梅役を担当する相良茉優さん。声優オーディションに明け暮れていた学生時代を経て、念願叶って事務所に所属。最近のプライベートではデート感覚の休日も…!?

深川芹亜「相手のキャッチボールを受けられる役者に憧れます」【声優図鑑】

――プロ・フィット声優養成所を経て、声優デビューしていますね。最初に声優になりたいと思ったのは?

相良:物心ついた時からアニメが大好きで。小学校5〜6年の頃にはもう声優になりたいなと思っていました。深夜アニメにはまって、その頃に見ていた『魔法少女リリカルなのはStrikerS』の影響も大きいです。水樹奈々さんと田村ゆかりさんがOP曲やED曲も歌っていて、歌では独自の世界観があるし、キャラクターとしても別の一面を見せてくれて。どっちもできるのがすごいなって。

――中学や高校に進んでからも、そのまま声優への夢を持ち続けていたんですか?

相良:はい。高校生になってからは声優のオーディションを受け始めて、どうしたら学校生活を声優の道にシフトチェンジできるんだろう…ってひたすら考えてました(笑)。学校生活はあんまり楽しめていなかったかな…。

――地元の京都でも受けられるオーディションを?

相良:だいたい大阪まで出てました。大阪予選をやるような規模のオーディションが多かったです。高校3年間はほぼオーディションだけで終わりましたね(笑)。これで受からなかったら諦めようと思って受けたのが、プロ・フィットの養成所でした。

――最後にいい結果が出て良かったですね。じゃあ演技も何も経験がなく、養成所に入ったということ?

相良:そうです。プロ・フィット養成所の本科は、基礎がほぼなくて実践ばかりだったから、1年間大変でした(笑)。周りには専門学校に3年通っていたとか、そんな子ばっかり。週1回のレッスンについていくために、レッスン以外にもボイトレや滑舌を習いに行っていました。

――養成所を出て、すぐに事務所に所属したのはすごいと思います。だけど、所属すれば、すぐにでもプロとしての仕事が入ってくるわけで…。

相良:所属してから半年くらいで、オーディションで『アイドルメモリーズ』の梶原未来役が決まったので、本当にびっくりしました。事務所に入れたとしてもトントン拍子に役は決まらないだろうし、もっと実力をつけてからだろうな…と思っていたんです。本物のアフレコも、人前で歌うのも、実写で顔が出るのも初めてで。言葉の使い方も知らなかったから、周りのスタッフさんをヒヤヒヤさせてしまったと思います(笑)。

――なるほど。その後、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の中須かすみ役が決まった時の気持ちは?

相良:私、ラブライバーだったので、本当にうれしかったんです! ファン目線も取り入れながら、作品を盛り上げていけたらいいなって。それこそ、“スクフェス”(『ラブライブ!』のスマホ向けアプリ)は昔からずっとやっていて、キャストの中で一番うまい自信があるんですよ。それで知っていただいた方もいるし、番組で披露したこともあるので、作品を応援している側の視点も持っていて良かったなって思っています。

――スクフェスが一番うまいってすごいですね。うまくなるコツはある?

相良:ひたすらプレイするだけ、かな(笑)。もともと音ゲーは好きですけど、スクフェスはラブライブ!の曲だから余計に好きです。「やらなきゃ」と思う前に、からだが動いてますね。

――では、相楽さんが演じている中須かすみちゃんに共通点を感じることは…?

相良:かすみちゃん、最近はいい子になってきたんですけど…。ちょっと意地悪な女の子なんですよね(笑)。でも根本はいい子。ナンバーワンのスクールアイドルになるために人の邪魔をしちゃうことがあるんですよ。方向性はちょっと間違ってると思うけど、努力家なところは似てる…と思いたいですね(笑)。

――いっぽうで『温泉むすめ』の芦原小梅ちゃんは、「自尊心がちょっぴり高い」女の子ですが。

相良:この子もやっぱり、中身はすごくいい子なんですよね。ちょっとツンツンすることもあるけど、面倒見が良くて、思いやりのある子だろうなって。その部分を大事に演じています。実は私も温泉が大好きで、すぐに温泉に出かけちゃうほうなんですよ。芦原温泉にも、家族に連れられて行ったことがあって。縁があって良かったと思います。

――ほかに、パーソナリティのお仕事も目立ちますが、おしゃべりするのは好き?

相良:好きですね。でもどちらかというと、自分のことを話すより、司会やMCとしてトークを回すほうが好きです。私はそんなにおもしろいことを言うタイプじゃないし、話をしていても、「時間なくなっちゃうかな」「この話題、広げにくいかな」っていろいろ考えちゃうんです(笑)。

――司会が好きになったのはいつ頃から?

相良:『アイドルメモリーズ』の頃からですね。生放送で私が回すことがあって。相手の話を聞きながら、「これ、けっこう好きかも」と。自分の知らない話題だからこそ興味を持って広げられるし、疑問も投げかけられるんですよね。

――お話が回せると、呼ばれる場所も増えていきそうですね。

相良:「茉優ちゃんは司会が安定してるね」って言われるとうれしいです。他のキャストさんは話が面白い子が多いから、それを生かしたい、支えたいっていう気持ちが大きいのかな。

――プライベートでは、最近のお休みはどう過ごしていますか?

相良:3〜4日、まとまったお休みが取れそうだなっていう時は、一人旅に出かけます。最近、LCC(格安航空券)が実家に帰るよりも安い!ってことに気づいちゃって(笑)。飛行機って、いろんな場所に行けるし、乗ってる時間も少ないし。最近行ったのは、四国と九州。もうほぼ温泉と食べ物の旅です。道後温泉に入って讃岐うどんを食べ、別府温泉に入って博多ラーメンを食べる…そんな旅でした(笑)。

――讃岐うどんに博多ラーメン、両方とも「麺」ですが。外食で食べることが多いのは?

相良:ラーメンがめっちゃ好きです! 一人旅でも「ラーメンデータベース」っていうサイトで、コメントを見ながら、近くにあるお店を探して…。でも旅先だと、車で行くようなお店も多いんですよ。一応、免許は持ってるので、運転しようかなと思っているくらいです。

――ラーメンを食べるために運転を(笑)。趣味欄にも「おいしいもの探し」って書かれていますから。

相良:ラーメンには特に貪欲ですね。家系よりは、素材の味を生かしたラーメンが好きです。大好きなラーメン屋さんが1年で1日だけ限定ラーメンを出してくれるんですけど、その時は3時間半くらい並びました。冬だから凍えそうでつらかったです(笑)。一番好きなのは、鯛ラーメン。最後にお米を入れて雑炊にするんですけど、最後までおいしいんです! でも、胃下垂の大食いなので、人前に出る機会が多い時期は控えないと…。

――食べるのが本当に好きなんですね。声優さんで仲のいい人はいますか?

相良:同じ事務所で『Lumina Charis のルミカリキュラム!』っていうラジオを一緒にやっている、大西亜玖璃ちゃんと内田秀ちゃんは、やっぱり仲いいですね。収録後には必ずごはん…収録がなくてもご飯に行きますね。いい意味で気を使わないし、2人とも女の子っぽくて私とは違うから、一緒にいると新しい発見があるって。私、1人だったらラーメン屋さんに行っちゃうけど、2人と一緒ならカフェに行ったりして、イマドキの女の子を味わえるんです(笑)。

――女子会のノリでもあり、デートのようでもありますね(笑)。

相良:お休みの日にも会ってますからね(笑)。お休みに人と会わないほうだったのに、この2人なら一緒にいて楽しくて。それまでは私に似たタイプの友だちが多くて、どちらかの家に遊びに行ってゲームをすることが多かったんですけど、今はいい意味でキャピキャピしている女の子の中に入れてうれしいです(笑)。

――そういう意味では、「虹ヶ咲学園」のみなさんも女子会のノリですか?

相良:そうですね! 虹のメンバーとも、収録で会うたびにほぼご飯に行きますね。はじめは「あ、誘っていいのかな…」って感じだったけど、最近は、泊りがけのお仕事の時なんかでも、誰かの部屋に集まっておしゃべりしてます。ご飯になるとだいたい私がお店を探すんですよ。「何食べたい? 探してみるね」って。暗算ができるから、集計係も私。そういうところで動きたくなるタイプで、みんなも安心して任せてくれるからうれしいです(笑)。

――では、今後演じてみたい役はありますか?

相良:いつかは少年漫画系のアニメに出たいなあって。今はどちらかというと高めの声を出すことが多いけど、地声は低い方なので。演じられるなら、ほんわかとしたお姉さんというよりは、芯のある女の子とか、強くてかっこいい男の子がいいなあ。

――もともと少年漫画が好きなんですか?

相良:ジャンプが大好きでしたね。少年漫画って世界観がかっこいいじゃないですか。ここではないどこかで、見ていて熱くなるような物語が展開していて。アフレコでも熱のぶつかり合いがあるような気がして、その中に入って戦ってみたいです!

――では目指すのは、アイドル系や少年漫画系などで幅広く活躍できる声優?

相良:そうですね。かわいい声もかっこいい声も演じられて、なおかつ歌が好きなのでOPやEDが歌える様な役者になりたい。そのためにはまず、声優として第一線で活躍出来るように頑張りたいです。

それから、私も漫画やアニメに元気をもらってきたほうだから、応援してくださっている方を大事にしたいです。去年ツイッターを始めて、みなさんから反応を頂けると直接交流するようになってから、そういう気持ちが強くなりました。ツイッターでめっちゃ元気をもらってるんですよ! 私がいつでも近くにいると感じてほしいし、感謝の気持ちを伝えられる場所をなくさないでいたい。私を見て「自分も頑張ろう」って思ってもらえる声優でいたいです。

――相良さん、ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

相良茉優

・相良茉優(さがら・まゆ) リンク・プラン所属

・相良茉優(さがら・まゆ) Twitter

◆撮影協力

撮影=山本哲也、取材・文=吉田有希、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト」

TOPICS

ランキング

ジャンル