top_line

五郎は朝から市場メシ!松重豊主演『孤独のグルメ Season6』第2話あらすじ

music.jp|テレビ・映画

五郎は朝から市場メシ!松重豊主演『孤独のグルメ Season6』第2話あらすじ(C)music.jp|テレビ・映画 グルメドキュメンタリー風コミックの実写化も第6シーズンへ突入! 松重豊主演、テレビ東京系列ドラマ『孤独のグルメ Season6』。4月14日(金)深夜0時12分に放送される第2話は、五郎が市場で朝飯を食らう。

前回の第1話は、大阪出張でお好み焼き定食と串かつを食べたが、今回放送の第2話は、朝の新宿区の淀橋市場で生姜焼き定食とトマト酢漬けを食す。

早い時間からお仕事

井之頭五郎(松重豊)は、今日から始まる洋食器の展示販売の準備を、大久保駅近くの喫茶店で手伝っていた。時刻は早朝6時半。店主の竹内さくら(東風万智子)は、陳列にダメ出しをするが、スタッフ間に微妙な空気が流れる。実はこの展示棚の陳列は五郎が指示したものだったのだ。

米が食べたい

時刻は朝8時半。一仕事を終えた五郎は“すっからかん”の空腹を抱えていた。「米を食べたい」という欲求を満たすために店を探していると、『淀橋市場』を発見。市場で働く人が食事をする店はないかと歩いていたら、一軒の食堂が目の前に現れる。

朝飯は市場メシ

五郎は市場メシを食べると決めると、若女将(久保田磨希)の案内で食堂内へと入る。いつものように何を頼もうか見極めていると、“トマト酢漬け”という文字が目に飛び込んでくる。その見慣れないメニューに五郎は……。

第2話は、4月14日(金)深夜0時12分放送

市場で朝飯を食べる第2話は、テレビ東京系で4月14日(金)深夜0時12分放送。

久住昌之/谷口ジローの原作『孤独のグルメ Season6』(小学館)とあわせて、お楽しみいただきたい。

「孤独のグルメ Season6」公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume6/

⇒ドラマ「孤独のグルメ Season5」作品ページへ

⇒原作「孤独のグルメ【新装版】/久住昌之・谷口ジロー」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル