top_line

ガンダムが馬に騎乗!? ビジュアルのインパクトがすごい、JRA×「ガンダムSEED」コラボ

エンタメステーション

40周年を迎えた大人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズと、日本中央競馬会(JRA)がコラボしたスペシャルプロジェクト「騎乗戦士ガンダムJRA -BEYOND THE TURF-」。この度、その第三弾「ガンダムSEED JRA」 の情報が公開されました。

なお、「騎乗戦士ガンダムJRA -BEYOND THE TURF-」ではこれまで、「機動戦士ガンダム」シリーズ各作品の名シーンと、JRAで繰り広げられてきたGIレースがクロスオーバーするコラボ映像。モビルスーツとキャラクターがデザインされた、「ガンダム馬券」がランダムで発行される「ハロガチャ」。シャア・アズナブルとチャット形式で対話して、最適のモビルスーツを診断してもらう「診断のシャア」など、様々なコンテンツを展開しています。

文 / 長田雄太

フリーダムとジャスティスが騎乗!?

第三弾「ガンダムSEED JRA」でコラボしたのは「ガンダムSEED」シリーズ。あわせてビジュアルも公開されましたが、今回はフリーダムガンダム&ジャスティスガンダムが騎乗しています! ちなみに、第一弾で公開では「俺が宝塚記念だ。」と馬に跨って走り抜けるガンダムエクシアのビジュアルが公開され話題に。ガンダムが同じメカの馬に乗ることはありましたが、リアルな馬×ガンダムの組み合わせが予想以上にかっこよく、今回もインパクトがあるビジュアルになっています。なにより、コラボのロゴが違和感なさすぎです。

また、第三弾でも「ガンダムSEED」シリーズの名シーンと、JRAのGIレースがクロスオーバーした映像が公開。ナレーションはキラ・ヤマト役の保志総一朗、アスラン・ザラ役の石田 彰が担当が担当。加えて、なんと『機動戦士ガンダムSEED』OPテーマでおなじみ、T.M.Revolutionの「INVOKE -インヴォーク-(作詞:井上秋緒/作曲:浅倉大介)」も使用されています。アニメのOPを彷彿させる演出もあってズルい!

今回の「ガンダム馬券」キャンペーンはガンプラが当たる!

モビルスーツとキャラクターがデザインされた、「ガンダム馬券」が発券される「ハロガチャ」。今回は、「第160回天皇賞(秋)」と「ガンダムSEED」シリーズがコラボした「ハロガチャ天皇賞(秋)SEED」として登場し、特設サイトでハロをタップすると、「ガンダムSEED」シリーズのキャラクター×モビルスーツがデザインされた「ガンダム馬券」がランダムに発券されます。

あわせて、第160回天皇賞(秋)の結果(枠連)とリアル連動した「ハロガチャ 天皇賞(秋)SEEDガンダム馬券キャンペーン」も実施。応募期間中に、「第160回天皇賞(秋)」での枠連の結果と同一の組み合わせとなる「ガンダム馬券」を、規定のハッシュタグを付けてTwitterでシェアしていると、抽選で豪華賞品が当選。なんと「JRAオリジナルガンプラ作例 HGCE 1/144 キタサンブラックオリジナルストライクフリーダムガンダム」などが当たります。これは欲しい!

※画像はイメージです。実際の景品と異なる場合があります。プロモデラーが組み立て、彩色するオリジナルデザインの作例となります。

そのほかにも、東京競馬場の来場者を対象にしたキャンペーンなども実施されているので、気になる方は特設サイトをチェックしてみてください。

©創通・サンライズ

コラボ特設サイト
https://umabi.jp/gundam-jra/

ガンダムが馬に騎乗!? ビジュアルのインパクトがすごい、JRA×「ガンダムSEED」コラボは、【es】エンタメステーションへ。

ランキング

ジャンル