top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中川大志×平祐奈インタビュー 『ReLIFE リライフ』で駆け抜けた高校最後の1カ月の「青春」

SPICE

13歳からの知り合いで、映画での共演経験は『ReLIFE リライフ』で実に3度目だという中川大志と平祐奈は、「もう幼馴染みたいな感じだよね?」とリラックスした雰囲気で微笑み合った。

4月15日公開の映画『ReLIFE リライフ』は、中川演じる人生に不甲斐なさを感じている27歳のニート・海崎新太が、もう一度17歳をやり直すチャンスをもらい、同級生となった平演じる日代千鶴に想いを寄せることになるファンタジックな物語。二人は、ともすれば浮世離れしすぎる話を、ごく自然に、もしかしたら「あるかもしれない」と思わせるほどに演じている。

話を聞くほど、中川の心情の掘り下げ方への真摯な取り組み、平の綿密な役作りへの意識が浮き彫りになる。ともに過ごした、密度の濃い18歳の1カ月間の撮影を振り返ってもらった。

 

18歳で27歳を演じるためには「とにかく研究するしかなかった」


中川大志&平祐奈 撮影=岩間辰徳



――まずは中川さん、18歳にして27歳という役を演じましたが、違和感のなさに驚きました。

中川:最初、「27歳の役がきました」と言われたときは、とにかくびっくりしました。まさか27歳の役を高校生でやるとは思わなかったので……。ただ、僕は『ReLIFE リライフ』のような作品をずっとやりたかったんです。舞台は現実世界で、出てくる登場人物も現実の人たちだけど、すごくファンタジーな要素があって、あり得ない出来事が起きてゆくという世界観がすごく好きだったんです。また、今回27歳も17歳もどちらも表現できるのはすごくうれしかったし、楽しみでした。役者って「こういうのもやっている」、「次はこういうのをやる」って、違う顔を見せられるのがうれしいんですよ。『ReLIFE リライフ』では、2時間の中で両方の顔ができたので、すごくやり甲斐がありました。

 


中川大志 撮影=岩間辰徳



広告の後にも続きます


――中身は27歳の海崎が17歳の日代さんに惹かれていく様子が、とてもデリケートで自然に感じました。

中川:17歳の女の子に惹かれてしまうというところで、最初、海崎の中でも葛藤があるんです。「ダメだ、ダメだ、相手は10個も下の女の子だ!」って。自分の中で自制していてモヤモヤがあるんですけど、気づけばなくなっていて、思わず行動に出てしまうっていう。なんか、それが海崎が高校生になっていくさまだなと思っていました。海崎の魅力は、年齢が10個離れていようが、そういうところで人と付き合っていないところです。人と人同士でちゃんと向かい合うところが、海崎のキャラクターとしてのすごく魅力的な部分だと思っています。

――実際の役作りで、27歳のためにどんな準備をしましたか?

中川:27歳になってみることはできないので、そういう意味では、とにかく研究するしかなかったです。目の前にいるその世代の方たちをよく観察してみるところから始まりました。その中には、(共演の)千葉雄大さんも含まれています(笑)。

平:あ、ちょうど10歳差だ!

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル