top_line

高畑充希演じるサクラのパワハラに屈しないメッセージに社会人視聴者が感動「私も頑張るよ!」『同期のサクラ』

テレビドガッチ


高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が、10月16日に放送。インターネット上では、高畑演じる北野サクラの言葉に感動する言葉が相次いだ。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。

2010年5月、サクラは花村建設で希望の土木部ではなく、人事部で社会人2年目を過ごしていた。そんな中、上層部から残業時間削減の取り組みを行うよう言われた黒川(椎名桔平)。すみれ(相武紗季)へ社内に一斉メール送信する指示を出したが、彼女はこの話をサクラに依頼する。「なぜ残業してはいけないんですか?」と疑問を持つサクラに戸惑うすみれだったが、黒川から「働くみんなの健康と環境を守るため」と諭され、納得。すみれと共に担当することになった。

各部署に残業削減をお願いしていくサクラは、同期の葵(新田真剣佑)や広報部の百合(橋本愛)らと再会。彼らはなかなか仕事を振ってくれないと不満をこぼすも、営業部の菊夫(竜星涼)だけは、大きな仕事を任され、忙しい毎日を送っているという。そこでサクラが、残業削減について菊夫の上司・桑原(丸山智己)に要望するも「出来るわけない」と突っぱねられてしまう。

一週間後、営業部だけ残業時間が増え続けていることが発覚。営業部へ直接注意しに行くことになったサクラは、桑原からパワハラを受けている菊夫を目撃。サクラは桑原の前に立ち「菊夫くんは今日定時で帰らせていただけますか?」とお願いした。

しかし、桑原は変わらず菊夫を酷使。サクラは、残業してまで菊夫を連れまわす桑原を制止し「菊夫くんが過労死したら、上司として管理責任を問われると思いますが、その覚悟はおありですか? いい仕事をするために無駄な残業はするべきではありません」と注意した。それでも折れない桑原に、“忙”という字は心を亡くすと書くと説明。続けて、ふるさとの島に橋を架けること、一生信じあえる仲間を作ること、その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることが自分の夢だと言い、菊夫が身体を壊して会社を辞められると困ると訴えた。そんな彼女の熱い言葉も桑原の心には響かず、彼に「俺と同期のねーちゃんと、どっちの言うことを聞くんだ?」と質問。菊夫はサクラに「俺なら大丈夫」と言い、上司のもとへ駆け寄った。落ち込むサクラだったが、とうとう菊夫が倒れたと連絡を受ける……。

ネット上では、サクラの言葉に「サクラちゃんみたいにバシッといってくれる人、ほしいよな」「新卒同期の力強さ見て感動した」との声が。ほかにも「自分にしかできないことやります! 私も頑張るよ!」と前を向く人もいた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル