top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GACKT 20周年ツアーポスターで『翔んで埼玉』を全力パロディ「〇〇人にはそこらへんのガクトのライブでも観させておけ!」

SPICE

GACKTがソロデビュー20周年を記念して2020年に行う全国ツアー『GACKT 20th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2020「KHAOS」』のスペシャルツアーポスターが、10月16日より掲出され注目を集めている。

今回のー『GACKT 20th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2020「KHAOS」』ツアーは、ソロ活動の20年を一緒に歩んできたファンへの思いをこめたオールタイムベストツアー。今年の誕生日7月4日に行われたプレミアムバースデーライブの全国ツアー版として、2020年1月より開催される。GACKT自身もSNSで「もうこんなツアー二度とやらない!」と発言していることもあり、プレミアムなライブに期待が高まっている。

そんな『GACKT 20th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2020「KHAOS」』のスペシャルツアーポスターは、GACKTが出演した大ヒット映画『翔んで埼玉』を全力パロディ。自身が演じたキャラクター・麻実麗に加え、二階堂ふみが演じた壇ノ浦百美の二役に扮し、「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」という百美が劇中で放った埼玉ディスセリフにオマージュをささげるべく「関東人にはそこらへんのガクトのライブでも観させておけ!」「関西人にはそこらへんのガクトのライブでも観させておけ!」「東海人にはそこらへんのガクトのライブでも観させておけ!」「九州人にはそこらへんのガクトのライブでも観させておけ!」と掲載場所によって異なるセリフを掲げたポスター4種が作成された。

なお、ツアーではサイタマを意味する3,100円でライブが楽しめるという、GACKTが映画を通じて埼玉県人からもらった愛を大還元した、破格の埼玉県民限定最後列指定席の販売も実施する。

TOPICS

ランキング

ジャンル