top_line

B'z「兵、走る」ラグビーW杯に映る戦う人々の姿

UtaTen

連日日本を賑わせるラグビーワールドカップ。先日のアイルランド戦での勝利に、喜びと驚きの声をあげた方も多いだろう。

躍進が期待される日本代表のために書き下ろされたのが、B’zの『兵、走る』。リポビタンD・ラグビー日本代表応援ソングとしてCM等で耳にする機会が多い。
 
近年凄まじい人気を誇るラグビー。その熱い試合の世界観を演出するこの楽曲は、どのような意味を持つのだろうか。

勝敗を重ねてつなぐ志




まさに、ラグビーの試合会場の熱気そのものだ。

一心不乱に仲間と駆け回る選手。

彼らに期待を寄せ、勝利を願い見守る人々。

その両方を表している。

「限界まで挑む権利」とはどういうことだろうか。



花吹雪は、日本代表のユニフォームに描かれた桜のエンブレムを彷彿させる。

試合終了のその時まで、油断することは決して許されない。

例え自分が倒れたとしても、その志は仲間達が繋いでいく。

「つわもの」という言葉を「強者」ではなく「兵」と表した理由はここにあるのではないだろうか。

個々の実力だけで戦っているのではない。

すべての仲間と共に、その志を繋いでいくチームプレーだ。

一丸となって挑み続けるその姿は、まさに「兵」。

何があろうとも、最後のその時まで同じ志を持って戦う。

その気持ちを持てることこそが「限界まで挑む権利」なのだろう。

「TRY」しなければ近づけない明日




例え勝利しても、その次の戦いが待っている。

「限界まで挑む権利」を持つ者は、コートに立ち続けるのだ。

憧れる誰かに追いつくために、皆で夢見た勝利を掴むために、彼らは走り続ける。

必ずその手に掴めると確信させてくれるような、稲葉浩志の「TRY」のシャウトが非常に心地よい。



そして、これはきっとコートの中に居る者だけに向けた歌ではない。

生きている間、人は何かに「TRY」し続けているのだ。

今日を生き抜き、明日を迎える。

この楽曲は、泥の風と汗の煙にまみれながら生きる、すべての人へ向けた応援歌と言えるのではないだろうか。

何かに挑み、それと真摯に向き合い戦う人の姿というのは、とにかくカッコいい。

それを身をもって示してくれる日本代表選手達。

それを讃え、さらに鼓舞する歌詞であることが分かる。 

さて、私がこれを執筆しているのは、第三戦となる日本vsサモアの前夜だ。

日本代表がここからどんな展開を見せてくれるのか、この曲と共に見守りたい。

▲B’z / 兵、走る

TEXT 島田たま子

TOPICS

ランキング

ジャンル