top_line

女性が「この男、チャラいな…」と感じる瞬間は?

日刊ホントの話

今回は、女性が感じる「チャラさ」について街の声をひろってみました。

●チャラい外見の特徴

・「きつめのフレグランスで、はっとして顔をあげるとアクセがじゃらついている」(20代/学生)
・「ボーダーや水玉といったわかりやすいパターン、芸人っぽい目立つコーデ」(30代/パート)
・「EXILEくずれというか、ホストっぽいルックス」(20代/アルバイト)
・「VUITTONなど、わかりやすいブランドものを身につけている」(30代/会社員)
・「流行のいかにもなファッションで、伊達メガネやサングラスなど、香水もきつめ」(40代/会社員)

 外見からは判別しがたいですが、わかりやすい派手めなファッション感覚が、チャラさにつながるようです。テレビの芸人ファッションの影響もありそうですが、女子から軽くみられたくない男子は気をつけたほうがよいでしょう。

●チャラい行動の特徴

・「コミュ力が高い?初対面なのにハイテンションで接してくる」(20代/学生)
・「デフォルトでLINE交換を持ちかけてくる」(20代/会社員)
・「距離感がハンパなく近い、アピールがきつい」(20代/学生)
・「私だけかなと思っていたのに、他の女の子にも同じテンションで接している」(20代/会社員)
・「ちょっとした集まりで、みさかいなく女子に声をかけまくり」(30代/会社員)
・「ノリがよすぎで、声も大きめ、リアクションも表情豊か、盛り上げ上手で、それなりの魅力がある」(30代/会社員)
・「ヘンに女性慣れしていて、女子トークにもついてこれるので気を許しちゃいがちだけど、よくよく薄っぺらな印象の男子」(30代/会社員)
・「オリラジの藤森、くりいむしちゅーの有田っぽいトーク感、裏がありそうでなさそうな…」(30代/主婦)

 女心をくすぐる積極的なアピールや優しさは、チャラさと表裏一体。ハイテンションかつコミュニケーション力の高さは男性としての魅力であり、チャラいと一線をひきながら、うっかりときめいてしまうことも少なくありません。チャラ男には禁断の果実さながらな魅力があり、全てがダメということはないのが難しいところ。女性ならだれでもというばかりに平等に接するチャラ男とつき合うとしたら、ハラハラ、ヤキモキ、それなりの覚悟が必要となるでしょう。

TOPICS

ランキング

ジャンル