top_line

全ての始まりとなった斉藤和義の楽曲と、映画『アイネクライネナハトムジーク』が交差する特別映像解禁!

エンタメステーション

9月20日(金)より全国公開される、映画『アイネクライネナハトムジーク』の特別映像が解禁された。

ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、斉藤和義の主題歌にのせ、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化することで話題を呼んでいる本作。出演者として本作を彩るのは、人気実力派の三浦春馬、さらに多部未華子。不器用ながらも愛すべき人々のめぐり会いの連鎖が、10年に渡り描き出される。

今回解禁されたのは、映画の原作『アイネクライネナハトムジーク』の始まりとなった、斎藤が作った楽曲「ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~」と本編が交差する映像。伊坂に届いた、斉藤からの「恋愛をテーマにしたアルバムを作るので“出会い”にあたる曲の歌詞を書いてほしい」という思いがけないオファー。「小説なら」と大ファンである斉藤のために伊坂が書き下ろした短編小説『アイネクライネ』を元に、斉藤が本楽曲を作ったという。

「アンケート編」では、主人公・佐藤(三浦)と佐藤の会社の先輩の藤間(原田泰造)の2人が登場し、妻に逃げられた藤間が原因でアンケート調査をすることになる佐藤の心情が歌詞に乗せて描かれている。

また、「シャンプー編」には、佐藤と学生時代からの親友の一真(矢本悠馬)、一真の妻・由美(森 絵梨佳)、一真と由美の娘・美緒(恒松祐里)、日本人初のヘビー級ボクシングチャンピオンのウィンストン小野(成田瑛基)、美容師の美奈子(貫地谷しほり)など、思いがけない絆で佐藤と繋がっていくキャラクターが続々と登場。本作が描く、“劇的じゃなくても”勇気と幸福感に満ちた奇跡が垣間見える、映画と、音楽、そして原作をあわせて楽しめる本作の魅力が詰まった映像にますます期待が高まる。

【STORY】
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。

作品情報

『アイネクライネナハトムジーク』
宮城県:先行公開中
9月20日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造 ほか
配給:ギャガ
©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

『アイネクライネナハトムジーク』原作小説

『アイネクライネナハトムジーク』コミック版

全ての始まりとなった斉藤和義の楽曲と、映画『アイネクライネナハトムジーク』が交差する特別映像解禁!は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル