新学期前の準備【アメリカ】

新学期前の準備【アメリカ】
ロサンゼルス周辺だけかもしれませんが、年々夏休みに入るのも、新学期が始まるのも早くなっていて、通常どの学区でも新学期のスタートは8月の頭から中旬にかけて集中しています(夏休みに入るのは5月末~6月中旬

ロサンゼルス周辺だけかもしれませんが、年々夏休みに入るのも、新学期が始まるのも早くなっていて、通常どの学区でも新学期のスタートは8月の頭から中旬にかけて集中しています(夏休みに入るのは5月末~6月中旬頃まで)。

その時期に必ず日用品店などにはこのコーナーが現れます。「Back to(2と表記することも) School」、つまり、学校へ戻る時期、新学期のスタートを意味する言葉です。学校で使う文房具がここで販売されており、新学期のための学校用品をそろえます。

といっても、アメリカの学校は、学校によっては文房具が学校で用意されていて、わざわざこういったものを購入する必要はないというケースもよくあります。


このコーナーが現れるのが大体7月に入った頃(独立記念日が終わったあたり)からなのですが、これを見ると、「ああ、新学期がスタートするのだな」と、親は特にホッとします。なぜならアメリカの夏休みはざっと2ヶ月~2ヶ月半ほどあるので、本当に長いのです。

更新日:2019年10月10日
提供元:ワウネタ海外生活

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME