top_line

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のんアフレコ・コメント映像&本予告が解禁!

エンタメステーション

12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペースほかで全国公開される、劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の本予告、のんアフレコ&コメント映像が到着した。

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも、日々を大切に前を向いていく女性・すずを描いた珠玉のアニメーション作品『この世界の片隅に』に、約30分の新規シーンが付け足され、“さらにいくつもの人生”が描かれた本作。主人公すずと、すずが嫁ぎ先の町で初めて出会う同世代の女性・リンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードや、妹・すみを案じて過ごす中で迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加される。

解禁された予告編では、すずが描いた“あいすくりいむ”や“ハッカ糖”、“わらび餅”などお菓子の絵について、リンと楽しそうに笑い合う場面や満開の桜の木を背に語り合う場面など、二人のこころの交流が描かれる。さらに、前作では描かれなかった、周作を巡るすずとリンの関係性も垣間見えるシーンも。白い息を吐きながら、寒空の下を曇った表情で歩くすずの姿と、「周作さん、うちは何一つリンさんに敵わん気がするよ」と話すすずの声が挿入され、周作を巡る三人の物語を喚起させる内容になっている。

また、北條すず役・のん、白木リン役・岩井七世のアフレコ映像も初解禁。のんは、3年ぶりにすず役を演じ「時を経て、同じ役に挑むことは初めての経験だったので緊張しましたが、スタジオでは監督とリン役の岩井さんと一緒に収録することができたので、すぐにすずを思い出せた気がします。今までのすずさんと違った一面もあるので、面白かったです」と、前作との違いについて語り、同じく3年ぶりにリンを演じた岩井は、「このような形でまた映画館で上映されるということで、本当に最良の形だと思いますし、台本と絵コンテが送られてきたときは、“やっとだ”という思いから涙が出ました」と感慨深いコメントを寄せている。

【STORY】
広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20(1945)年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。
その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる——。

作品情報

劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペースほか 全国公開

原作:こうの史代
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
美術監督:林 孝輔
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
製作:2018「この世界の片隅に」製作委員会 

【CAST】
のん
細谷佳正 
稲葉菜月 
尾身美詞 
小野大輔 
潘めぐみ 
岩井七世
牛山 茂
新谷真弓
澁谷天外(特別出演)

©️2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』オフィシャルサイト
ikutsumono-katasumini.jp

原作コミック

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のんアフレコ・コメント映像&本予告が解禁!は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル