手ぐしで髪まとまる!簡単「内巻ハンドブローテク」

手ぐしで髪まとまる!簡単「内巻ハンドブローテク」
ブローが上手くできないという方は多いですよね。内巻きブローが失敗する原因の一つに、ブラシを上手く使えていないことがあります。 ヘアメイクや美容師のプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、ブラシを使 …

ブローが上手くできないという方は多いですよね。内巻きブローが失敗する原因の一つに、ブラシを上手く使えていないことがあります。

ヘアメイクや美容師のプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、ブラシを使わずドライヤーと手だけで簡単にできる「内巻きブローのやり方」をご紹介します。

◾️手だけでできるハンドブローテクニック5つ

(1)ブローをする前に、髪をしっかりぬらす

ブローをする時は、地肌から毛先までをしっかりぬらすことで、ブラシでブローしたような仕上がりになります。特に、クセ毛の方や毛先が跳ねやすい方は、しっかりぬらさないと失敗しやすいので気をつけましょう。

ぬらす時は、水スプレーを使うよりもシャワーでぬらす方が早いのでおすすめです。

(2)乾かす前に、分け目や前髪をきれいにわける

髪の毛がグシャグシャの状態で乾かすと、クセがついてしまいます。

乾かす前に一度、密な歯のクシを使って分け目や前髪をきれいにとかすようにしましょう。

(3)乾かす時は、後ろから顔側に向かって乾かす

髪の毛は、顔を守るように後ろから顔側に向かって生えています。

そのため、乾かす時は手グシで後ろから顔側に向かって乾かすと、内巻きに入りやすくなります。

ドライヤーの風も後ろから顔側に向かってあたるよう、ドライヤーを後ろからあてるようにしましょう。

(4)湿り気がなくなるまで乾かす

内巻きにハンドブローしても、湿っている状態でブローを終了すると、後でブローが崩れます。

特に、髪の毛の内側や耳周り、襟足が乾きづらいので、触ってチェックしてみましょう。

(5)最後に、冷風をあててツヤ感アップ

ブローの仕上がりを良くするのに効果的なのが、最後に冷風をあてることです。

(3)と同じように後ろから顔側に向かってドライヤーをあてながら、手グシで顔側方向にとかしましょう。キューティクルが整ってツヤがアップしますし、手触りも良くなりますよ。

今回ご紹介した5つのポイントを押さえれば、手だけできれいな内巻きブローができますので、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3 ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュインストラクター、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

更新日:2019年10月9日
提供元:つやプラ

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME