あんなにラブラブだったのに…交際半年で冷めてしまった彼氏のホンネとは?

あんなにラブラブだったのに…交際半年で冷めてしまった彼氏のホンネとは?
交際半年にしてクールになった彼は、あなたのことが嫌いになったのか? あなたのことは好きだけど、ほかに好きな人ができたのか?などと考えると、夜も眠れないですよね。 今回は、交際半年でクールになった彼氏のホンネに迫ります。 […]

交際半年にしてクールになった彼は、あなたのことが嫌いになったのか?

あなたのことは好きだけど、ほかに好きな人ができたのか?などと考えると、夜も眠れないですよね。

今回は、交際半年でクールになった彼氏のホンネに迫ります。

さっそく見ていきましょう!

付き合ってくれるまで必死だったから休憩したい

彼女が付き合ってくれるまで、とにかく必死になる男子っていますよね。

で、交際半年後にその必死さがなくなる男子……。

そういう彼に対して、「わたしのことが好きじゃなくなったの?わたしに飽きたの?」と女子は思うと思うのですが、これ、あなたにも責任があるのですよ。

付き合うまで彼にかなり無理をさせたのは、他でもないあなただからです。

もちろん、彼はみずから好き好んで無理をしました。

がしかし、あなたにも何割かは「無理をさせてしまった」という自覚がありますよね?

彼女が付き合ってくれるまで、無理に無理を重ねた彼は疲れています。

彼のお財布もきっと疲れているのではないでしょうか。

付き合って半年経ったいま、ふたりで少しクールダウンして、地に足をつけて愛を育むチャンスです。

じつはこれが素なんです

無理をしてきた彼は、「じつはこれが俺の素なんです」とも思っています。

男子のデフォルトって「デートしても人生がそう楽しくなるとは思えない」です。

女子はちがいますよね?

「彼氏できた!デートしたい!キラキラしたい!彼に抱いてもらえたら人生最高!」と、ごくふつうに思いますよね?

男子はそうは思わないんです。

もちろん、束の間にそう思うことはありますよ。

でも、持って生まれたデフォルトは、デフォルトであるゆえに変わらないのです。

交際当初はときめいていた彼も、半年もすればふたたび「デートしても人生がそう楽しくなるとは思えない」と思うように……。

女子であるあなたが、彼に「人生の楽しみ方」を教えてあげるチャンスです。

今あなたが彼に教えないと、彼は「つまらないおじさん」になってしまいますよ。

キラキラしたデートばかりしていたのでは身が持たない

じつは男子は、彼女の要望を知っています。

つまり、キラキラしたラブラブのデートを重ねたいと思っている気持ちを知っているということ。

知ってはいますが、じつは男子は「キラキラしたデートばかりしていたのでは身が持たない」と思う気持ちの方が大きいのです。

ようするに男子は、女子よりも遊ぶのが下手なんです。

週末くらいキラキラしたデートを彼女と楽しむといいじゃないですか。

仕事なんか月曜からまた頑張ればいいのです。

がしかし、気持ちの切り替えが下手な男子は、交際半年にして「またデート?」などと腹の中で思って、冷たい態度をとるのです。

おわりに

半年経ってもラブラブなカップルって、彼女のほうが、ご紹介したような男心をよく知っているように見受けられます。

彼が仕事仕事と言っていても、「はいはい、仕事はわかったから。でも日曜日の午後だけはデートのために開けといて」などと、しれっと言っていたりしますからね。

男子ってなぜか、生まれつき、女子より遊ぶのが下手。

マンモスを獲らないと飢え死にするからとか、いろんな仮説的な理由(誰もが思いつきそうな理由)はあるけれど、でも「なぜか」です。

なぜか偶然にも、遊ぶのが女子より下手に生まれついた人――それが男。

という男性観をまずは認めてはいかがでしょうか?

認めないまま怒ったりがっかりしたりするから「問題」になるのであって、認めたうえで「彼をコントロールする」発想に立つと、彼との新しい関係が生まれますよ。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)

更新日:2019年10月9日
提供元:愛カツ

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME