top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】窪田正孝「今でも下積みだと思っています」 ドラマ「4号警備」でアクション満載のボディーガード役

もっとエンタメ

 4月8日からスタートしたNHK土曜ドラマ「4号警備」。主人公は民間警備会社の職に就いた元警察官の朝比奈(窪田正孝)。相棒の石丸(北村一輝)とともに「4号警備」の任務を命じられた2人をメーンに、アクションやユーモアを交え“身辺警護”(ボディーガード)の最前線を描く物語。NHKの連続テレビ小説「花子とアン」で木場朝市役を演じてブレークを果たした窪田正孝が共演者とのエピソードや役作りに対する思いを語った。

ー主人公の朝比奈の印象と役作りで気をつけていたことはありますか。

 1話目では主人公の朝比奈は特に言葉が強いです。人に対して白黒はっきりさせるというかアウトローなタイプですが、なぜそうなったのかだんだんと解き明かされていきます。朝比奈は何でもストレートに言ってしまいまですが、人がなかなか言えないことをその人のためを思って言っているので、決して間違ったことは言いません。なので「このセリフを大切にしなきゃいけない」ということを思いながら演じました。そして、作品の全体を見たときに朝比奈のポジションがブレてはいけないと思っています。軸がブレてしまうと見る方の主観が分からなくなるのでブレないように意識しました。

ー30分番組なのでとてもスピーディーな印象ですがこの作品はどのようになると思いますか。

 撮影は基本、ワンカット長まわしで行うことが多かったです。1話に関してはセリフにフォーカスするというよりもスピーディーに全体像を見せるようなイメージで描かれています。芝居の技術の話になってしまいますが、30分のドラマなのでセリフがテンポよくいかないと30分に収まらなくなってしまうんです。通常、相手のセリフがあってから言葉のキャッチボールをしなければなりませんが、相手の言葉を受け取る前にセリフという名のボールを投げなければならない…。特に序盤は探りながらでしたので「これでいいのかな」と葛藤することもありました。



TOPICS

ランキング

ジャンル