top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

EXILE、きゃりーぱみゅぱみゅ、AKB48、氷川きよしら全22組が集結『美空ひばり生誕80周年チャリティーコンサート』レポート

SPICE

美空ひばり生誕80周年記念 大丈夫よ、日本!ふたたび 熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート 2017.04.05 東京ドーム

桜満開の4月5日。国民的歌手、故・美空ひばり(享年52)の生誕80周年を記念したコンサート『美空ひばり生誕80周年記念 大丈夫よ、日本!ふたたび 熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート』が、東京ドームで開催された。

美空ひばりと生前親交のあった五木ひろしをはじめ、E-girls、AKBグループメンバー32名、EXILE SHOKICHI、華原朋美、きゃりーぱみゅぱみゅ、Crystal Kay、ゴスペラーズ、坂本冬美、佐々木秀実、さだまさし、GENERATIONS from EXILE TRIBE、清水翔太、JUJU、天童よしみ、夏川りみ、氷川きよし、堀内孝雄、三山ひろし、May J.、UNIONE、Little Glee Monster(五十音順)といった豪華アーティスト22組が集結。満員の3万人の観客を前に、美空ひばりの楽曲29曲のカバーと、それぞれのアーティストのオリジナル楽曲22曲、計51曲を披露した。

幼い頃からチャリティー活動に熱心だった美空ひばりに触発された今回のコンサートは、2016年4月14日に発生した熊本地震、2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援チャリティーでもある。この日は東北から1500人、熊本から50人の、計1550人の被災者の方が招かれており、ドーム入り口には募金箱が設置され、赤十字社を通して寄付される。

第一部は「不死鳥」美空ひばりの生と死と再生を歌うトリビュート

東京ドームのこけら落としは1988年4月11日。そしてその日は美空ひばりが病床に伏し長期のブランクから復活した“歌謡界の伝説”と謳われる『不死鳥コンサート』を行った日でもある。舞台はあの日そのままに、中央に花道が用意され、3万人の観客が取り囲んでいる。

広告の後にも続きます

彼女は、1937年5月29日に横浜に生を受け、12歳の頃より歌手として活動している。第一部はその軌跡をたどるような楽曲の数々が届けられた。子役から大人の女優へと転身(生涯で179本の映画に出演)した彼女は、亡くなるその最後まで“歌手”を続けていた稀有な歌い手である。コンサート会場に女性トイレを設置する運動のほか、海外での公演などその活度は多岐にわたる。日本の歌謡界を作り上げた先駆者の一人だと改めて認識させられる。

コンサートは、司会の徳光和夫による開演宣言の後、ひばりの「東京キッド」の歌唱映像とシンクロするきゃりーぱみゅぱみゅの可愛いダンスで幕開け。その後、ひばりの幼少期のエピソードを映像で振り返ると、AKBグループが「悲しき口笛」「越後獅子の唄」「あの丘越えて」と、メドレーで歌い継いでいく。AKBを代表して、横山結衣が「このようなステージに立たせていただいたこと、本当に光栄に思っています。そして皆様がサイリウムを一緒に振ってくださって、応援してくださったのが本当に嬉しかったです」と語った。


きゃりーぱみゅぱみゅ



作曲家の故・船村徹(享年84)による楽曲である「哀愁波止場」をMay J.が、「ひばりの佐渡情話」を坂本冬美が歌うと、奇遇にも船村氏の四十九日に捧ぐことにもなった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル