top_line

米倉涼子、低随液圧症候群を患っていた…「私、失敗しないので」の元ネタも明らかに『ドクターX』

テレビドガッチ


米倉涼子が主演を務める木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、10月17日スタート、毎週木曜21:00~)の制作発表記者会見が7日、テレビ朝日本社で行われた。会見には米倉をはじめ、ユースケ・サンタマリア、内田有紀、勝村政信、鈴木浩介、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾、今田美桜、戸塚純貴、河北麻友子、川瀬莉子、岸部一徳、遠藤憲一、市村正親、西田敏行らメインキャストが集結。脚本の中園ミホも登壇した。

「私、失敗しないので」でおなじみの天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)を主人公とした、人気ドラマの第6シリーズ。未曾有の財政難に陥った「東帝大学病院」を舞台に、市村演じる“今世紀最大のコストカッター”や、AI医療を駆使する次世代型の医師たちが未知子の前に立ちはだかる。

記者席後方から、圧倒的なオーラを放って登場した米倉は「久しぶりなので緊張します」と挨拶すると、ドラマ撮影前に自身が低随液圧症候群を患っていたことを告白。「今は元気なんで」と前置きしつつ、「まっすぐ歩けなくなったり、やる気がなくなったり」と、2週間の安静生活を送っていたことを打ち明けた。

本シリーズの監修担当である脳外科医から、アドバイスや処置を受けたといい「この場をお借りして御礼を言いたい」と感謝。さらに「患者の心に寄り添う医療は大事だと思うけれど、適格かつ俊敏な意見も大門未知子には備わっているはず。さらに腕がある。そういう先生は求められているんだと改めて感じた」としみじみ話した。

記者から“これだけは失敗しないこと”を聞かれたユースケは「仕事選びですね。だから今、ここにいます」とニンマリ。武田は「47歳という年齢になって、撮影の時に自撮りしても怒られなくなった」と話し、その場で自撮りを披露。登壇者全員をカメラに収め、「失敗しないんです」とコメントするも、MCからの称賛には「あんまり褒めないでください。バカみたいになっちゃうんで」とおどけて笑わせた。

一方、「差し入れは失敗したくない」というのは藤森。「いろんな女性にプレゼントを差し上げてきましたので。つい先日も、米倉さんに大変喜んでいただけました」と自信の表情。だが、米倉から「最初の差し入れ覚えてますか?」と詰め寄られると、「最初だけは大失敗しました」と白状。夜の22時にドーナツを差し入れたといい「タイミングと物が大事と勉強した。2回目以降は、最後まで外さずにがんばっていきたい」と意気込んだ。

続けて“前作から変わった点”を聞かれた遠藤は、米倉の冒頭挨拶を振り返り、「こういう時の挨拶で、しっちゃかめっちゃかになるのが涼子ちゃん。あんなにしっとりちゃんと話せるんだと思って」と感心すると、米倉は手を叩いて大爆笑。「理路整然と話している姿っていうのが、一番変わったんじゃないかな」と語り、ついでとばかりに「俺の役の変わったところは、すんごい薄っぺらい人間になっちゃいました。見ればわかります」と予告。勝村は「遠藤さん(の役)が薄っぺらくなったので、僕(の役)は地位が上がりました。でも、中身は薄っぺらいです」と冗談交じりに話すなど、雰囲気の良さをにじませた。

会見の最後には、中園によって未知子の名ぜりふ「私、失敗しないので」が、ロンドン五輪・柔道金メダリストの松本薫がきっかけで誕生したと明かされた。松本が試合後のインタビューで口にした「私、ミスはしないので」という言葉に痺れたといい、「そこから大門未知子が有機体になったように動き出してくれた。あの時、松本さんが金メダルを取っていなかったら、全然違うキャラクターになっていたかも」と感慨深げに語った。

ここで、松本が大きな花束を持って登場し、米倉に贈呈。松本は「中園先生、お会いしたことありますよね?」と話すも、中園から初対面であると伝えられると「あ、夢か」とポツリ。笑いに包まれる中、松本は米倉に対し「(未知子を)勝手に自分と重ねていたので、今日お会いできて嬉しいです」とにっこり。米倉も「“野獣”から“アイスクリーム屋さん”っていうギャップが萌えますよね。私、アイスクリームが食べたくて」と語り、穏やかにほほ笑み合っていた。

TOPICS

ランキング

ジャンル