top_line

SDGs目標達成は「相当な覚悟」必要 有識者が地球環境の危機的状況に警鐘!

もっとエンタメ

 9月の国連「気候行動サミット」で演説したグレタ・トゥンベリさん(16)は怒りと涙を隠さず地球温暖化対策の即時実行を各国指導者に迫った。「あなたたちが話すのはお金と永遠の経済成長というおとぎ話だけ」――。若いグレタさんら「未来世代」の「現世代」に対する不信感は強い。

 現世代は2015年、環境破壊なしに世界の全ての人々が豊かになることを目指す「持続可能な開発目標」(SDGs、エスディージーズ)や21世紀後半に温室効果ガスの排出実質ゼロをうたう「パリ協定」の2つの「国際的合意」を曲がりなりにも成立させた。未来世代は、その目標達成に向けた現世代の取り組みを注視している。

 生物多様性をはじめ国内外の環境問題を30年以上取材し、地球環境をめぐる世界の動向に詳しいジャーリストの井田徹治さん(共同通信編集委員)は9月27日に東京都内で開かれた企業向け交流会の講演で「グレタさんは科学によく学んでいる」と指摘した。

 国連演説でグレタさんは、パリ協定の最善目標である地球の気温上昇を「産業革命前」比1.5度以内に抑えるために二酸化炭素(CO2)の累積排出量(吸収量差し引き後)を一定限度に抑える科学的な考え方「カーボン・バジェット」(炭素予算)を援用し、“限界量”から逆算すると「従来通りの取り組み」では「8年半もたたずに排出許容量に達してしまう」と警告した。

 同世代の共感を呼んだグレタさんの一途な一連の行動には確たる科学の支えがあるのだろう。米下院の公聴会では「私の言葉ではなく、科学者の言葉に耳を傾けて」と呼び掛けている。

 科学者の言葉に長年耳を傾けている井田さんは講演で「地球環境に関する注目すべき二つの重要な「報告書」が、世界の科学者らが関与し今年まとまった」と述べ、内容を解説した。



TOPICS

ランキング

ジャンル