top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

MONGOL800サポートにヘイスミ猪狩、C&K×ももクロのコラボも、ヘスの懐の深さを見た『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019』DAY1【薩摩ステージ】レポート

SPICE

THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019
2019年10月5日(土)鹿児島市・桜島多目的広場&溶岩グラウンド【薩摩ステージ】

■SHANK


SHANK



開会宣言で登場した主催者タブゾンビと観客による、「将来、なんになるの~?」「こーむいーん!」という、鹿児島の人にしかわからないコール&レスポンスでお互いのグルーヴを確認したあと、今年の『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019』のトップバッター、長崎出身SHANKの3人がリラックスした様子でステージに登場。そして、庵原将平(Vo,Ba)による、もはや何を言ってるのかわからないぐらいテンションの上がった自己紹介のあと、「Surface」~「Good Night Darling」「Hope」「Life is…」とメロディックパンクチューンを立て続けにプレイ。朝10時というかなり早い時間ながらも、桜島におけるおそらく令和初のクラウドサーフがさっそく発生。

庵原は、「出れてうれしいッスわ!」とひと言。『サツマニアンヘス』は今年で2回目のまだ若いフェスだが、やはり地元九州のフェスには他とは違う思いがあるだろう。そして、雲ひとつない天気に映えるスカチューン「Frustration」で軽く体を揺らしたあとは、「Honesty」で再び加速し、サーファー続出の「620」へとつなぐ。30分という短い時間ながら、様々なタイプの曲を配置することでパフォーマンスにしっかり展開をつける。トップバッターの重圧なんてまるで感じさせない。ステージ運びも落ち着いたものだ。

広告の後にも続きます

今日の3人のテンションが如実に表れていたのがMC。庵原が「晴れてよかったッスね。このままでいくと、ももクロが始まる頃には死人が出るから、加減してってね!」と注意を促せば、松崎兵太(Gt,Cho) は「酒は水分補給にならんからね」と冗談交じりに付け足す。そして、「二日酔いのヤツが言うな!」という庵原のツッコミでひと笑い。こんなリラックスしたやり取りに続くのが、今日の天気にぴったりな「Weather is Beautiful」。うーん、なんていい時間なんだろう。

終盤、ミドルテンポの「Wake Up Call」で、再び空気を変えつつ、最後は「Set the Fire」から「submarine」へとバトンを渡し、オープニングと同じようにショートチューンで締めくくった。「バイバーイ!」と終始、自然体を貫いたまま3人はステージを去ったのだった。

取材・文=阿刀 “DA” 大志

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル