top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

勝手にコスパレース! 2019』年間MVP投手編 今季もっともコスパがよかった投手は誰だ!?

野球太郎

前回の「野手編」に続き、今回は「投手編」だ。

(成績は9月24日現在、年俸は推定)

◎参加選手のおさらい

 まずは今回のコスパレースに“勝手に”選手された(?)10名の投手をおさらい。

菅野智之(巨人)/年俸6億5000万円
メッセンジャー(阪神)/年俸3億5000万円
増井浩俊(オリックス)/年俸3億円
岸孝之(楽天)/年俸3億円
森唯斗(ソフトバンク)/年俸2億8000万円
ブキャナン(ヤクルト)/年俸2億7500万円
ジョンソン(広島)/年俸2億7000万円
西勇輝(阪神)/年俸2億5000万円
宮西尚生(日本ハム)/年俸2億5000万円
山口俊(巨人)/年俸2億3000万

 年俸5億円のサファテ、年俸4億円のバンデンハーク(ともにソフトバンク)、3億円のマシソン(巨人)は開幕に間に合わなかったため除外となった。

それでは年間ベスト3を発表!

◎第3位:宮西尚生(日本ハム)

■2019年成績
55登板(1登板あたり¥4,545,455)
47 1/3イニング(1イニングあたり¥5,282,062)
1 勝利(1勝利あたり¥250,000,000)
43ホールド(1ホールドあたり¥5,813,953)
51奪三振(1奪三振あたり¥4,901,961)

 12年連続50試合以上登板を記録し、2年連続最優秀中継ぎのタイトルを獲得した宮西が第3位。

 来年にも前人未到の400ホールドポイントを十分狙えるところにきた。

 中継ぎは負担が大きいわりに過小評価されやすいポジションだが、宮西の活躍が中継ぎのさらなる地位向上につながっていくだろう。

◎第2位:西勇輝(阪神)

■2019年成績
26登板(1登板あたり¥9,615,385)
172 1/3イニング(1イニングあたり¥1,450,705)
10勝利(1勝利あたり¥25,000,000)
112奪三振(1奪三振あたり¥2,232,143)

 8月までは好投しても打線の援護がもらえないなど、6勝8敗と苦しんでいたが、9月に入って怒涛の4連勝。

 ギリギリで2ケタ勝利を達成しFA移籍組の意地を見せた。この4連勝がなければ2位という好結果はなかっただろう。

◎第1位:山口俊(巨人)

■2019年成績
26登板(1登板あたり¥8,846,154)
170イニング(1イニングあたり¥1,352,941)
15勝利(1勝利あたり¥15,333,333)
188奪三振(1奪三振あたり¥1,223,404)

 最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得した山口が第1位!

 8月に途中離脱はあったものの、チーム最多の26試合に先発し、不調の菅野智之に代わって投手陣を牽引した。

 山口は2年契約の1年目。年俸変動制の契約かどうかは定かではないが、固定なら来年もコスパレースMVP筆頭候補に挙がることは間違いないだろう。

◎苦しんだ高年俸投手たち

 野手と比較すると、エントリーしたほとんどの選手がケガや不調などによる抹消を経験しており、選手たちは例年に比べて苦しい1年だったと推測できる。

 そんななかでも、森唯斗、増井浩俊、宮西尚生のリリーフ陣は50試合以上に登板しており、年俸に見合った働きを見せてくれたと言える。

 プロ野球はこれからCS、日本シリーズ、さらにはプレミア12が控えているが、ひと足お先に『勝手にコスパレース! 2019』はこれにて閉幕。半年間、おつきあいいただきありがとうございました。

 『勝手にコスパレース! 2020』でまたお会いしましょう!

文=週刊野球太郎編集部

TOPICS

ランキング

ジャンル