top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田中将大には最大7球団が指名も!?/平成ドラフト予想史【平成18年】

週刊ベースボールONLINE

高校生ドラフトでは久々に予想が復活



田中には1巡目で4球団が競合し、楽天がクジを引き当てた

 夏の甲子園で早実高の斎藤佑樹、駒大苫小牧高の田中将大が決勝引き分け再試合を投げ合った平成18年、2006年のドラフト。勝者の斎藤はマウンドで汗をハンカチでぬぐう姿から“ハンカチ王子”と呼ばれ、同世代の高校生たちは“ハンカチ世代”とも言われた。

 このとき、世代の旗手は間違いなく斎藤だったが、そんな斎藤は9月11日の記者会見で早大への進学を表明。前年よりも早い9月25日に行われた高校生ドラフトは“主役不在”となったが、注目選手の数で前年に及ばないものの、個々の能力では負けていない。

 週刊ベースボールでも久々に「シミュレーション」という表現で予想を展開。田中に4球団、愛工大名電高の堂上直倫と鷺宮高の増渕竜義に3球団ずつが競合、PL学園高の前田健太は広島が、八重山商工の大嶺祐太はソフトバンクが単独指名し、田中は最大7球団が競合する可能性もあるとしていた。

【2006年・高校生12球団ドラフト1巡目】
横浜     田中将大→北篤
楽天     田中将大
広島     前田健太
オリックス  田中将大→延江大輔
巨人     堂上直倫→坂本勇人
ロッテ    大嶺祐太
ヤクルト   増渕竜義
ソフトバンク 大嶺祐太→福田秀平
阪神     堂上直倫→野原将志
西武     増渕竜義→木村文和
中日     堂上直倫
日本ハム   田中将大→吉川光夫
(→は外れ1巡目)

 増渕の指名を予想していた横浜が田中、田中と予想していたロッテが大嶺を指名したことを除き、予想は的中。週刊ベースボールも1巡目に並んだ5人を“BIG5”と注目していたが、堂上を外した巨人は光星学院高の坂本勇人、大嶺を外したソフトバンクは福田秀平、増渕を外した西武は木村文和(のち文紀)、田中を外した日本ハムは吉川光夫ら、のちの戦力の獲得に成功している。

大学生、社会人ドラフトでは久々の入団拒否



日本ハムに4巡目で指名された長野

 大学生、社会人のドラフトでは、楽天は2年連続で希望枠を埋められず、ロッテも2年連続で希望枠を回避して高校生2巡目を選択。ここ数年と同様、特筆することもない、予定調和で終わるはずだった。そんな空気が一変したのが3巡目に入った直後のことだ。

【2006年・大学生&社会人12球団ドラフト1巡目】
横浜     高崎健太郎■
楽天     永井怜
広島     宮崎充登■
オリックス  小松聖■
巨人     金刃憲人■
ロッテ    ※
ヤクルト   高市俊■
ソフトバンク 大隣憲司■
阪神     小嶋達也■
西武     岸孝之■
中日     田中大輔■
日本ハム   宮本賢■
(■は希望枠。※は希望枠の指名回避)

 その3巡目、指名トップの横浜がロッテ入団を希望していた東京ガスの木村雄太を指名すると、阪神とヤクルトがマークしていた法大の大引啓次はオリックスが指名。そして、巨人への入団を熱望し、巨人も指名すると思われていた日大の長野久義は、巨人が3巡目の指名を見送ると、4巡目のトップだった日本ハムが指名した。

 大引は入団したが、木村雄と長野は入団を拒否し、長野はホンダへ。ともに夢をかなえるのは持ち越しとなった。

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル