top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本一多忙なJK「岡田結実」に父・岡田圭右が贈った言葉

SmartFLASH

 

 彗星のごとく現われた女子高生タレント岡田結実(16)。テレビ番組やCMに多数出演し、いまや見ない日がない「新バラエティの女王」だ。今年は映画初出演を果たし、選抜高校野球のイメージキャラクターに抜擢されるなど、勢いは増すばかり。

 

 父は「ますだおかだ」の岡田圭右。しかし、その実力を「親の七光り」と見くびることなかれ。実は、2016年~2017年の年末年始に出演した番組本数が女性タレントでNo.1なのだ。

 

広告の後にも続きます

 日本一多忙なJK(女子高生)は、「年末年始のことは実感がなかったですね。学校にも通っているので、お仕事の時間は限られていますし、お正月もしっかり休んでいたので、兄にも『結実、そんなに働いてたっけ』とイジられたほどです」と、笑って答える。

 

 彼女の芸歴は1歳のころまで遡る。兄がモデルをしていたため、その現場についていったところ「モデルをやってみないか」と誘われたという。その後、本格的に仕事を始めたのは小学4年生のころ。『天才てれびくんMAX』への出演がきっかけだった。

 

「それまでは、部活感覚で現場に行っていたのですが、真剣に仕事と向き合い始めると、怒られることもたびたびで、父の偉大さを感じました。同時に、親の顔に泥を塗ってはいけないというプレッシャーも感じました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル