top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高橋優 『映画 クレヨンしんちゃん』主題歌「ロードムービー」はアルバムやツアーともリンクしている!?

SPICE

目下、最新アルバム『来し方行く末』に伴う全国ツアー中の高橋 優。リリース前には“全曲、遺作でもいい”というほどの熱量を注ぎ込んだと話していた彼のニューシングルは、そこから少し肩の力が抜けた、繋がりの物語を描いた「ロードムービー」。なんと自身もジャストな世代だというアニメ『クレヨンしんちゃん』の今春公開『映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の主題歌として4月15日から全国でロードショーが始まる。奇しくもツアーの終盤にこのシングルのリリースも重なるというわけで、続行中のツアー、そしてニューシングルがいかに作用しているのか? についても訊いてみた。

ほんの少しだけ歌い続けさせてもらったおかげで、ほんの少しだけですけど、“怒り”ではない表現も選択できるようになって来てます。

――『来し方行く末』リリースタイミングの取材のときは、作品が出来立てでまだ俯瞰で話せる状態じゃなかったと思うので。改めて『来し方行く末』はどういうアルバムになったか聞かせてもらえますか?

歌うのが大変な曲ばかり作ったなと思いましたね(笑)。ハイトーンが多いんですよ。これ完全に技術的なお話なんですけど、何か表現をする上でハイトーンが必要だったんだと思うんですけど、どの曲も本当に高くて。結果、いま『来し方行く末』のツアー中、禁酒してるんですよ。おかげでフィジカル面は非常に健康になりましたし、痩せました(笑)。

――じゃあ制作中はキーが高いなとか思ってなかったと?

広告の後にも続きます

いつになく葛藤してたんですよね。音程どうこうの問題を考えりゃよかったのに、そこにまで考えが及ばないぐらい、メッセージとかどんな歌詞を書くかってことの方が重要になってたので。結果、ライブのことまで考えないで作っちゃったんです。でもそれぐらい心の叫びというか、自分のいま思ってることをアルバムの中で素直に叫んだんだなと思ったんですよ。でもなんか、今まで歩いたきた道と、これから歩いて行く道という意味合いのタイトルのアルバムを出せたということは、多分、自分の精神状態的にはすごくいいことだったんだろうなとは思ってます。


高橋 優 撮影=北岡一浩



――そんな中、映画『クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の主題歌でもあるニューシングルがリリースされます。これはどういう経緯で制作されたんですか?

最初は、25周年記念でクレヨンしんちゃんの映画を作るので、その主題歌をやっていただけませんか?というお話をいただいて、僕的にはすごく嬉しいお話で。監督やクレヨンしんちゃんサイドの方とお話しさせてもらって、今回は「ロードムービーを作ろうと思ってます。しんちゃんと宇宙人のシリリが日本縦断するお話なんですよ」というのをお聞きして。そこで一つ“ロードムービー”というキーワードが出てたんですね。その後、台本をすぐ読ませてもらったら結構、異文化交流じゃないけど、全くもって姿形の違う存在としんちゃんが会話をする、コミュニケーションをとるっていう。その、全く姿形が違う存在を、例えば黒人とかアラブ系の人にしたら一気に生々しい話になっちゃって、子供向けじゃなくなると、監督がおっしゃってて。そこをあえてポップにする意味で、宇宙人っていうものにしてファニーな感じにしたいっていうお話しをされてたのがすごく僕の中で印象的で。台本の中で、飛んでいる鳥を見ながらしんちゃんが、隣にいるシリリに対して「シリリの星でも鳥は飛ぶの?」って聞くシーンがあるんですけど、僕、そのシーンが一番好きなんですね。姿形が違う時点で、もう偏見とかが始まるし、気持ちも何もかもが違うみたいなイメージがあるけど、夕日を見たら綺麗って思う感情とか、根本のところで思ってる気持ちっていうのは似てるんじゃないかな? みたいなことを台本の中に垣間見させてもらったような気がしていて。その、自分ではない誰かとのつながりのお話と、そういう人たちへ向けてなのか、そういう人たちと共になのか、歩める旅っていうことが二つ大きなテーマになって、曲作りに入っていきました。

――“ロードムービー”というところに素直に書いてらっしゃるんですね。

ええ。今回は映画の内容と、僕自身が『来し方行く末』っていうアルバムを携えてのツアー中、旅の途中だったということもあって、ツアーのステージに向かうまでの道のりとかとリンクしたんですね。だいたい週末なんですよね、ツアーがあるのが。ということは、平日は割と家にいたりして。よく、土日が一週間の中の楽しみなんだけど、月曜日から金曜日まではちょっと死人みたいなね……死人は言い過ぎですけど、“頑張らなきゃな……”みたいな価値観が一般的じゃないですか? そういう中で、僕はどっちの方を歌いたいかっていうと月~金の方で。平坦な道のりなのか、辛い日々という風に例えられる日々なのか。その時間帯にも一緒に戦ってる仲間がいたりとか、共に歩んでる誰かがいたり、会えないけど思ってる人がいる時間っていうのはすごく価値があるものなんじゃないかな?っていうようなことを今回は歌いたいなと思いました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル