top_line

70歳定年に関するアンケート調査 やっぱり今と同じ会社で働きたい!

もっとエンタメ

 一般社団法人定年後研究所(東京)は、10月1日の「生涯現役の日」を前に、「70歳定年/雇用延長」(以下、「70歳定年」)時代に備え、「第2回『70歳定年』に関する調査」を実施した。調査対象は、定年制度のある組織に勤務し65歳以降も働き続けたいと考える40~64歳のビジネスパーソン男女516人(40代男女各103人、50代男女各103人、60代前半男女各52人)。

 それによると、「70歳定年」に対し、65歳以降も働くことを希望する人の理想の働き方は、「現在と同じ会社」で働くこと。7割が現在と同じ会社で働くことを理想としている。一方で、兼業、起業、フリーランス、ボランティアといった「社外に目を向けた働き方」を理想とする人も約15%いた。

 65歳以降も「現在と同じ会社」で働くことを理想とする理由は、「今の生活に満足」(21.3%)というより、「今の生活を変えたくない」(70.5%)、「安定した収入が得たい」(47.4%)ため。兼業・起業・フリーランス・ボランティアで働くことを理想とする理由は、「のんびり暮らしたい」(44.9%)「社会とのつながりを持っていたい」(30.4%)という回答が目を引いた。

 理想の働き方を「実現できる可能性あり」と回答した人は全体の50.4%。65歳以降「今の会社で働く」ことを実現できる可能性は51.4%。どの年代も女性に比べ男性の実現可能性の方が高く、50代では女性42.6%に対し、男性56.3%と、約14ポイント高くなっている。他方、理想の働き方を阻害する要因は、「65歳時点で老後の蓄えが十分にできていると思えないから」や「年金だけでは十分な暮らしができないので年金に加えて安定的な収入が必要だから」など経済的な理由が主となっていた。

 仕事上の不安解消には、「脳の老化を防ぐために鍛えておく」、「朝食、昼食、夕食それぞれの食事改善をする」、「50代から自分のキャリアを振り返り、将来のキャリアの方向性を模索する」、「複数の専門性を磨く」などが挙げられた。生活上の不安解消には、「40代、50代のうちから、60歳以降の毎月の家計のシミュレーションをしておく」や「親の介護が必要になったときに備えて、相談できる人や専門機関を見つけてておく」ことなど、お金と老老介護に関する回答が目立った。

TOPICS

ジャンル