top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「何か裏切りそうな空気があるんですよね、方久には」ムロツヨシ(瀬戸方久)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 城主となった直虎(柴咲コウ)は早速、井伊家の借金問題に直面する。その借金の相手は、瀬戸方久という商人。なんとこの方久、第2回で家出したおとわが出会った“あばら屋の男”の成功後の姿だった。以後、経済面で直虎を支えて行くことになる方久を演じるのは、個性派俳優として人気のムロツヨシ。一癖ある役を、どんな思いで演じているのだろうか。

 


-出演のオファーを受けた時のお気持ちは?

 最初、プロデューサーから「ムロさんにピッタリの役」ということでお話を頂きました。聞いてみたら「どんどんのし上がっていく人物」とのことだったので、確かにそれは僕にピッタリだなと。僕も、この世界で成功してやろうという野心を持ってずっとやってきましたから。でも、制作発表の時は「金のためなら、何でもやる男」になっていたので、「のし上がるんじゃなかったの?」と思いましたけど(笑)。

-第2回で“あばら屋の男”として出演された時の姿はインパクトがありました。周囲の反響はいかがでしたか。

 反響は大きかったですね。友だちからは、「この後、どうなるの?」と聞かれましたが、何人か「ああいう風貌じゃないと、大河に出させてもらえないの?」と言ってきました(笑)。ひげなどを付けた汚い格好が、以前「平清盛」(12)に出演した時と似ていたので。お芝居に関しては、「大河でもムロさんらしい芝居をやるって、すごい勇気ですね」と、褒めているのか、けなしているのか分からないことを、鈴木亮平くんから言われました(笑)。

-再登場した第13回の感想はいかがでしょう。

 再登場した時、直虎と向き合って話をする長めのシーンを頂いたのですが、柴咲さんとのお芝居が本当に楽しくて、とてもやりがいを感じました。役としてではなく、1人の役者として、座長の柴咲さんをきちんと支えたいという気持ちが芽生えました。それが一番大きかったです。

TOPICS

ランキング

ジャンル