top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中村倫也「この夏は千葉哲也の『糠漬け』になりたい」~舞台『怒りを込めてふり返れ』トークイベント

SPICE


4月2日(日)、新国立劇場オペラハウス・ホワイエで舞台『怒りを込めてふり返れ』のトークイベントが行われ、翻訳の水谷八也、演出の千葉哲也、そして主演の中村倫也が出席し、作品の時代背景、演出、役作りなど、本作の舞台裏が垣間見えるような、真剣かつ楽しいトークが繰り広げられた。

まずは水谷から作品の背景について「この作品が生まれた1950年代は演劇が変革する時代。イギリスの演劇はそれまでは貴族の称号が付く人物が書く上の階級から見た世界観の作品ばかりだったが、ロイヤル・コート・シアターという新劇場を手に入れたイングリッシュ・ステージ・カンパニーという国立の新劇団が劇作家を公募した中に、貴族でもないジョン・オズボーンの『怒りをこめてふり返れ』があった。本作は、変革の時代を映し出し凝縮した作品であり、確実に現代に繋がりが見える作品」と説明し、演出の千葉に期待(プレッシャー!?)を寄せる。「千葉さんはこういう風体でこういう態度だけど非常にまじめなんです」


水谷八也



千葉は「初めて(脚本を)読んだときは『荒っぽいな』と感じた。時代を知っていくとなんとなくわかるが、とはいえ時代考証を中心に進めていっても「こういうホンがありました」と言う作品になりがち。シェイクスピア作品にしろ、ギリシャ悲劇にしろ、『時代は違うけど中の人間はそう変わらない」。人間としてちゃんとそこにいるかという点を今探っています』と語る。


千葉哲也



広告の後にも続きます

「最初はもう何を言っているのか、訳がわからなくて。ずっと喋っているんですよ、ジミーは。もう黙れ!って思いました。15ページ読んでは、飲み物を取りに行ったり、風呂に入ったり寝ちゃったりしてましたね」と言い出したのは中村。「字面だけで観ると身近な事じゃないことも出てくる。階級や大英帝国解体とかも僕らの身近にはない事。読み進めるのに苦労しました。でも何回か読んでいるうちに、不器用な男が何かを手に入れるため、自分を知るために汗をかいている物語なのかな?と思うようになって。人間ドラマとして作っていけば2017年に生きている僕らにもつながるproject!(ここだけ発音よく)になるのでは」と感じ取っていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル