top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

旬の新そば・コシ自慢のうどん店5選

まちポ

旬の新そば・コシ自慢のうどん店5選(C)まちポ 夏の気配が遠のいて、新そばの時期が近づいてきました。季節の変わり目に肌寒さを感じたときには、熱~いものをすすって、身体も心も温めたいもの。

今回はdポイントでおトクに利用できる、全国のそば・うどん店を紹介します。

おすすめのお店

名物「葉わさびそば」や定食メニューも
『そじ坊』

わさびを客が自らすりおろして食べる、風味豊かなそばが店の自慢。名物「葉わさびそば」など、メニューの品数も豊富です。かやくご飯や丼ものがつく定食もおトクです。

特盛1.5倍!ボリューム自慢の自家製麺そば
『おらが蕎麦』

自家製麺のそばを、だしの効いたつゆで提供。名物は温かいつけ汁に、冷たいそばをつけて食べる「旨辛牛肉そば」。その特盛は、そばも肉も1.5倍になったおトクメニューです。

新潟の味「へぎそば」を近場で味わう
『叶家』

新潟県の名物「へぎそば」が食べられる店。布海苔をつなぎにしたそばは、独特の食感、滑らかなのど越しが魅力。佐渡の塩を使った枝豆や旬野菜の天ぷらなども人気です。
※一部テイクアウトのみの店舗がございます。詳しくはショップ一覧をご覧ください。

全国137店舗を展開する人気うどん店
『杵屋』

讃岐の伝統的な手打ちうどんと、関西風のだしは絶品の組み合わせ。20種類を超えるそばも人気で、一部店舗では酒やつまみも楽しめます。うどんは半玉まで増量無料です!

広告の後にも続きます

ワンコインでカレー付!店内製麺のうどん店
『麦まる』

店内で自家製麺した、打ち立て、茹でたてのうどんを提供。店のおすすめは「うどん屋さんのカレーライスセット」。揚げたての天ぷらもおすすめです。

特集コラム

江戸っ子に愛され、日本全国に広まっていったそば。その歴史をたどると、なぜそばが「粋」とされているのかを知ることができ、そばの新しい魅力に出会うことができます。

江戸っ子が求めたそばの「粋」とは?

そばが現在の細く切って食べるスタイルになった時期には諸説ありますが、古い書物には天正2年(1574年)に長野県で食べられていたという記述があるようです。やがて、つなぎに小麦粉を使って麺の作り置きができるようになると、江戸で一躍そばブームが起こります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル