top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】世代を超え認め合う小栗旬と西島秀俊 構想5年の骨太アクションドラマで共演

もっとエンタメ

 4月11日に放送スタートするカンテレ・フジテレビ系火曜午後9時連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に主演する小栗旬と、小栗とは民放の連ドラ初共演となる西島秀俊がこのほど取材に応じた。5年前から温められていた企画の実現に対する喜びや「カリ・シラット」という武術を用いたアクションの特訓、そして互いの印象から西島との距離を縮めたい小栗のかわいらしい思いなどを語った。

 直木賞作家の金城一紀氏が原案・脚本を手がけたこのドラマは、小栗演じる元自衛隊員の捜査員・稲見朗(いなみ・あきら)をはじめとする各分野のスペシャリストが集結した、警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班の活躍を一話完結型で描く骨太なアクションエンターテインメント。小栗にとっては、2014年の「信長協奏曲」以来、2年半ぶりのテレビドラマ主演作となる。

 常識では計れない事件に脅かされる現代で、高度な政治的案件を扱うとともに、ときには国家の“汚れ仕事”もこなす組織・公安機動捜査隊特捜班。そのほかのメンバーには元外事警察の田丸三郎(西島)、特捜班の班長で取り調べの名手・吉永三成(田中哲司)、爆弾処理・製造に精通する樫井勇輔(野間口徹)、サイバー情報分析に秀でる凄腕の元ハッカー・大山玲(新木優子)が名を連ねている。

──金城氏が小栗さんを主演に据えて5年前から構想を練ってきたということですが、企画を知ったときの期待感は?

小栗 企画自体は「BORDER」(2014年テレビ朝日系)というドラマをやっているときに「次はこれをやろう」と聞きました。話を聞いているだけでもすっげー面白そうと思いつつ、聞けば聞くほど実現するのはなかなか難しいだろうなと。決定稿をもらったときに、本当にやってくれるんだ、よかったと思ったのが正直なところです(笑)。

西島 金城さんから企画を聞いたらとにかく面白くて。(アクションの)けいこをしながら、でも正直(撮影には)入らないだろうと思っていました。「どうやって撮るんだろう」と。それくらい信じられないような規格外の脚本だったので。



TOPICS

ランキング

ジャンル