top_line

3年間で振った男の数は600人(ほぼ実話!)。映画『“隠れビッチ”やってました。』予告編&ポスタービジュアル一挙解禁

エンタメステーション

12月6日(金)より全国公開される、佐久間由衣主演の映画『“隠れビッチ”やってました。』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督が実写映画化した本作。異性にモテることを趣味&特技として、メイクはナチュラル、戦闘服は露出控えめのワンピース。絶妙なタイミングでのスキンシップや視線テク、会話術を駆使して相手の心を翻弄し、狙った男に「好きです」と告白させたら、即フェードアウト。恋愛のおいしいところだけを楽しんで、カラダの関係は一切お断り。そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となっている。

この度解禁されたのは、“隠れビッチ”が本当の恋と出会い、自分の弱さと向き合い成長していく姿が垣間見える予告編。前半では、3年間で振った男の数は驚異の600人という主人公・荒井ひろみ(佐久間)に、「ボディータッチ」「褒め殺し」「ブリッ子」などのモテテクニックで、小関、前野らが次々と餌食となりオトされていく姿が。また、後半では傷つくだけだと避けてきた本気の恋と出会ったことをきっかけに、愛されないことへの不安や自分の弱さに気付き、心が揺れ動く様子が描かれている。

併せて、解禁となったポスタービジュアルには「女の顔には裏がある。」と書かれた佐久間のあざとかわいい仕草と、“隠れビッチ”に翻弄される男性キャストたちが収められている。

【STORY】
笑えて、悩んで、切なさに身悶える!歪んだ心の処方箋
異性からモテ続ける事で、「認められたい欲求」を満たしてきた主人公・ひろみ。自分が傷つかずに、相手の気持ちだけを弄びながら、恋愛の美味しい所だけを楽しみ、体の関係は断る―というゲームのようなやり口に、ひろみのシェアハウス仲間であるバイセクシャルの晃と恋愛に失敗してばかりの彩は驚いていた。服の露出は少な目、鎖骨がちらりとのぞく透け感のあるワンピースが戦闘服。どこにでもいる女性に見えるのに、計算しつくした仕草と会話で、男性を落とすハンターぶりから、彩は「あんたは“隠れビッチ”ね!」と名付ける。そんなある日、同じ職場に気になる相手が現れ、ひろみは初めて自分の本音と向き合う。「男に頼ってばかりではだめ。人間になりなさい」そんな晃からの叱咤を受け、ひろみは<自分に必要なもの>を探しはじめるが……。

作品情報

映画『“隠れビッチ”やってました。』
12月6日(金)全国ロードショー

原作:あらいぴろよ 『“隠れビッチ”やってました。』(発刊:光文社)
出演:佐久間由衣 / 村上虹郎 大後寿々花 小関裕太 / 森山未來
前野朋哉 片桐 仁 前川㤗之 栁 俊太郎 戸塚純貴 笠松 将 田中偉登 岩井拳士朗 山本浩司/渡辺真起子 光石 研
監督:三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』)
配給:キノフィルムズ/木下グループ
 © 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

オフィシャルサイト
kakurebitch.jp

『“隠れビッチ”やってました。』原作

3年間で振った男の数は600人(ほぼ実話!)。映画『“隠れビッチ”やってました。』予告編&ポスタービジュアル一挙解禁は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル