top_line

ライターが「グローバル治療院」の施術を体験!セルフケアも紹介

まちポ

ライターが「グローバル治療院」の施術を体験!セルフケアも紹介(C)まちポ 30代を過ぎ、肩や腰など体のあちこちにガタがきているのを感じるように。改善の必要性は感じているものの、どんなアプローチをすればいいのかよくわかりませんでした。

そこで今回は、dポイント加盟店の「グローバル治療院」で施術を体験、セルフケアの方法も教わってきました。

全国38か所にある店舗

今回ご協力いただいたのは、全国に38の店舗を持つグローバル治療院の銀座本院。場所柄、会社員や買い物ついでのお客様が多いのだとか。

担当してくださるのは安永先生。グローバル治療院では、どんなコースが受けられるのでしょうか?

安永先生「マッサージをメインに、鍼、温灸、光線などを組み合わせる内容です。施術前にヒアリングをし、お客様一人一人に合った方法を提案しています」

まずはヒアリング

グローバル治療院では、統合治療とオイルリンパトリートメントのコースが用意されており、それぞれ30分から15分単位で用意されています。
今回は統合治療の30分のコースを体験。まずは先生に、筋肉のこわばりを感じている部位や普段の生活、仕事内容などを伝え、施術方法を提案してもらいます。

ちなみに、筆者の仕事はデスクワークが主。相談の結果、今回は「マッサージ」「鍼」「電子温灸」の3つを組み合わせることに。実際の体の状態に合わせてアプローチを見直してくれたり、苦手なものは避けたりもしてくれるのだとか。

マッサージで体全体を確認

まずは、マッサージからスタート。体全体を確認しながら、こわばっている所などを探します。

すると、程なくして先生から「だいぶ硬いです」との一言。デスクワークが多いせいか、特にはっていたのは腰回りで、股関節に関わる「大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)」や「中臀筋(ちゅうでんきん)」といった筋肉もはっているようです。

人生初、鍼を体験!

一通り体の状態をチェックしてもらったら、鍼の施術へ。 まずは、腰から行いました。鍼が体に触れたとき、一瞬わずかな刺激を感じたものの、大きな痛みは感じません。

次に首回り。指でツボを押し続けてもらっているような快感があります。刺す場所や体の状態によって、同じ鍼でも感じ方が変わることに驚きました。

腰が冷える人には温灸も

腰は緊張して硬くなっているだけでなく、冷えている可能性もあるのだそう。そこで、鍼をしたまま電子温灸で温めてもらいます。

鍼と温灸が終わったら、再びマッサージへ。今度は首から上を中心にほぐしてもらいます。頭はダイレクトに刺激がきて、うっとりする気持ち良さ。

家で簡単にできるセルフケア

30分の施術はこれで終了。最後に、自宅で簡単にできるセルフケアを2つ教わりました。
1つ目は、腰掛けた状態で片足を反対側の膝の上に乗せ、前方に体を倒していく方法。

2つ目は、仰向けの状態で脚を組み、上側の脚の重みで体を左右に倒す方法。

どちらも、普段ケアできていない筋肉をピンポイントで伸ばす感覚。簡単なので無理せず続けられそうです。

普段使いのお店だからこそ、dポイントでおトクに

グローバル治療院では、dポイントクラブアプリ、もしくはdポイントカードを提示すれば、100円(税込)で1ポイントたまり、1ポイント1円としてつかうことができます。

おトクに利用できるので、これからも定期的なメンテナンス感覚で、気軽に通い続けたいなと感じました。

◆dポイント加盟店

『グローバル治療院』

一人一人の体の状態や要望に合わせて施術内容を提案。全国のグローバル治療院・てもみんの店舗でdポイントがつかえます。

TOPICS

ジャンル