top_line

緊張するとスポーツや演奏でパフォーマンスが低下するのはなぜ? 研究グループがメカニズムを解明

もっとエンタメ

 

 スポーツや楽器演奏など高速で複雑な運動のパフォーマンスが緊張によって低下することは、一般人とトッププロの区別なく、誰もが経験する。スポーツ科学の分野では、学習を繰り返すことで無意識化された各運動間の流れが、緊張によって再び意識されて干渉が生じることで、運動パフォーマンスが低下するとされている。しかしこのモデルを証明する行動や脳のデータは存在せず、緊張による運動パフォーマンス低下を防ぐ方法も知られていなかった。

 情報通信研究機構(東京都小金井市)脳情報通信融合研究センターの春野雅彦・研究マネージャー、源健宏・協力研究員、フランス国立科学研究センターのガネッシュ・ゴウリシャンカーシニア研究員の研究グループは、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)を使用した実験で、緊張による運動パフォーマンス低下と脳の背側帯状回皮質の活動に相関関係があることを初めて証明した。

 一般的にスポーツや楽器演奏を覚える際、まずパーツを練習し、後でそれらをつなぎ合わせている。実験でこの過程をモデル化した。長さ10のボタン押しを高速で行う際、長さ6と4の二つの部分系列に分けて覚えるグループと、長さ10の全体を一度に覚えるグループに分け、覚えた後に失敗すると電気刺激が与えられるテストを行った。

 その結果、パーツに分けたグループは全体を一度に覚えたグループに比べ、学習が進むとボタン押しの間隔時間のばらつきが減り、早く正確になった。しかし、緊張を伴うテストに移行すると、パーツのつなぎ目でのボタン押し間隔時間のばらつきが再び増加した。fMRIでつなぎ目でのボタン押し時間の遅れと相関する脳部位を探したところ、背側帯状回皮質が同定された。

 研究グループは、背側帯状回皮質に対する経頭蓋磁気刺激(TMS)で脳活動を抑制すると、パフォーマンスの低下が見られなくなったことも確認した。今後は、TMSによって実際のスポーツ選手や音楽演奏家の運動パフォーマンス低下を低減できるかを検証する、としている。

 研究成果は、英国科学雑誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に掲載された。

 

TOPICS

ランキング

ジャンル