top_line

仕事で失敗ばかりするときの原因

マイナビウーマン

仕事をしていると誰もが一度は経験する手ひどい失敗。

特に失敗が続くと「私って働くことに向いていない」などと失敗を引きずりがち。自信を喪失し、立ち直るキッカケがないまま、現状から逃げ出したいがゆえに退職が頭をちらついてしまったりします。

ですが、転職時の面接でよく聞かれる質問が「どんな失敗をし、それをどう乗り越えましたか?」であることからもわかるように、失敗は誰もがするものです。

それからどう立ち直り、どう乗り越えるのか、が、社会人として一番大事なことです。

今回は仕事で失敗をしたときの立ち直り方と、気持ちの切り替え方をご紹介します。

■仕事の失敗談は誰にでもある。気持ちの切り替えが大事

◇仕事で大失敗をして落ち込むのは普通

自分の失敗のせいで契約がうまくいかなかった、上司、同僚、後輩や取引先を怒らせてしまった、迷惑をかけてしまったのだとしたら、落ち込むのは当然のこと。失敗がつらいのもみんな一緒です。

そこからその失敗を引きずることをせず、いかに立ち直るか、教訓にできるかが、社会人として一、二を争う大事なスキルです。

失敗を反省し、学びの機会にできるかどうか、が、仕事のできるできないに直結します。

◇失敗を引きずったり、失敗が怖くなるのは問題

失敗をしたときに一番避けたいのが、それを引きずってしまうこと。

失敗がつらいからと、責任ある立場を断ったり、新しいことに取り組むのが不安になってしまっているのだとしたら、それは失敗した経験をうまく活用できていません。

失敗をしてまったく気にしないのも問題ですが、失敗を引きずり、不安な思いを抱えたまま仕事をすることも、また問題です。

■仕事で失敗したときに必ずやること

では仕事で失敗してしまったとき、どんなことをするとよいでしょうか。私からのオススメはこの4つ。

◇その1:自分を労る

手ひどい失敗をしたときほど、まずは自分を労りましょう。失敗をすると、自分に対して自信を失ったり、精神的にダメージを受けます。

好きなものを食べたり前から欲しかったものを買ったり、趣味に没頭するなどして、まずは傷ついた自分を慰めましょう。

パートナーや気のおけない友人に事情を話し、おいしいものを食べに行きがてら、話を聞いてもらうのもオススメです。

◇その2:「どうすれば失敗しなかったか」を考える

自分の心の傷が少し回復したなと感じたら、失敗してしまうまでのことを振り返りましょう。そしてどうすればよかったのかを考えましょう。

気をつけたいのは「みんな私のせいだ」「私さえいなければうまくいった」と雑に総括してしまうこと。

そして「○○さんがいなければこんなことには」や「○○さんが全部悪い!」と人のせいにしないこと。

ぱっと思い浮かばなかったら失敗するまでにあったことを、まずは紙に書き出してみます。

そしてそれをもとに、もっと別な方法をとればよかったのではと思うポイントを考えてみましょう。

◇その3:次回からこれに気をつける! ということを決める

どうして失敗してしまったか、について考えたら、じゃあ次からはどうしよう? をまとめてみましょう。

上司や同僚にあまり相談せず抱え込んでしまったのであれば、次回からはこまめに情報共有をする、不明な点は曖昧なまま進めずに必ず確認をとる、が対策になります。

ここでのポイントも「次からはがんばる」など曖昧な目標にせず、具体的に何をするかにまで落とし込むことです。

また上司や同僚に何かを期待するのではなく、あくまでもまずは自分が何をすればいいか、にフォーカスしましょう。

◇その4:関係者に対策を共有しましょう!

次回からは自分なりにこうしようというのが定まったら、関係者にそのことを共有しましょう。

自分が考えた対策を第三者に共有することでより「次回からはこうしよう」という決意が強固になります。また自主的に自分の失敗を振り返り、対策をきちんと伝えることは、周囲の人にとってもありがたいことです。

仕事における失敗というのは職場の仕組みや仕事の進め方の慣習に起因することが多々あります。あなたが失敗をした原因があなた自身にすべてあるとは限りません。上司にとっても失敗が起きない仕組みを考えるいいきっかけになるでしょう。

立ち直り方と気持ちの切り替え方

仕事での失敗から立ち直る一番の方法は、同じミスを繰り返さないこと、そして成果を出すこと。失敗をした、取り返したいという気持ちを、自分の頑張る原動力に活かせると理想的です。

一方で失敗をまだ引きずっているなあ、元気が出ないなあと感じたら、無理をしすぎないことも大切。自分の心の状態を観察し、前向きになれていないと感じたら、「自分を労る」の時間をもう少しとってもいいでしょう。

また気持ちが切り替わらないときに考えてもらいたいことは、仕事で失敗した=だから自分はダメなんだ、と自責しないこと。仕事で失敗することと、あなた自身の価値は無関係です。そこを切り離して考えましょう。

■仕事の失敗が続いてしまうときの原因と対処法

それでも失敗が続いてしまうのであれば、もしかしたら原因は別なところにあるかもしれません。

具体的には1.疲れすぎていること、2.モチベーションの低下、3.ジョブのミスマッチがあります。

それぞれの対処法と併せて解説します。

◇その1:疲れすぎている

もし以下にあてはまることがいくつかあるのであれば、原因は疲れすぎかもしれません。

・失敗を注意されても内容が全然頭に入らない ・失敗をしないためにどう対策していいかわからない ・夜によく眠れない ・朝起きたときから疲れている

対処法としては、とにかく休むこと!

おすすめはトレッキングやマラソン、水泳など、体を動かしたうえでぐっすり眠ることです。もし、運動することが億劫であれば、スーパー銭湯や温泉でゆったり湯につかり体をじっくり温めるのも◎。昼寝スペース完備のようなところで一日ゆっくりするなどしてとにかく体を癒やしましょう。

また眠れないなどあれば、思い切って心療内科で診察してもらうのもオススメ。深刻な状態に陥る前に早めにSOSを出しましょう。

◇その2:モチベーションが低下している

今まではできていたのに急にミスを頻発するようになった、なんて場合は仕事に対するモチベーションの低下が原因かもしれません。

与えられた役割に飽きてしまったり、仕事以外のこと(家族やパートナーとのことなど)で心配事がある、などです。

モチベーションの低下の可能性があるのであれば、まずは職場に相談しましょう。自分のパフォーマンスが発揮できる方法を一緒に考えてもらいましょう。

思い当たる原因となる心配事などがあるのであれば、そちらを先に解決してしまうのが近道かもしれません。

◇その3:仕事や職場のミスマッチ

入社してから、転職してから、または異動やジョブローテーションをキッカケにどうも仕事のミスが続いてしまっている、という場合は仕事や職場のミスマッチである可能性があります。

もちろんミスから学びを得て、少しずつ前よりできるようになっていればいいのですが、自分でそう思えないのであれば、問題です。

モチベーションの低下のときと同様、まずは職場に相談しましょう。業務量の調整や異動、配置変えを打診してみるのもいいでしょう。

職場の雰囲気がよくない、相談しづらい等で職場の助けを借りるのが難しい場合は思い切って転職を検討するのもオススメです。

失敗は起こった後が肝心!

繰り返しになりますが、転職の面接でよく聞かれる質問のひとつが、あなたはどんな失敗をしましたか、そしてそれをどう乗り越えましたか? というもの。

失敗は誰もがするものです。そしてそれをどう挽回するかこそが、「社会人力」といえるとも思います。

失敗してしまったときはそれをいつか役にたつ不可欠な経験、と捉えて乗り越えていきましょう!

(makicoo)

※画像はイメージです

TOPICS

ジャンル