top_line

香港デモで市民が震える「ジャッキー・チェンの呪い」

SmartFLASH

傘とガスマスクで催涙弾に対抗するデモ隊(写真・安田峰俊)

 

「地下鉄は破壊され、火炎瓶が飛び交って……香港はもうめちゃくちゃ。それもこれもジャッキーのせいだ。もう引退してくれ!」(香港市民)

 

 9月4日に香港のキャリー・ラム行政長官が、デモ隊の5大要求のひとつ、「逃亡犯条例の改正案の完全撤回」を表明。これでデモは収束かと思いきや……。

 

「デモ隊と香港警察の衝突は激しくなる一方。市民の嘆きの声も増えています」

 

 こう語るのは、現地在住のジャーナリスト・初田宗久氏だ。

 

 

 冒頭の画像は、警官隊の催涙弾に対抗するため、雨傘を持ち、ガスマスクをつけるデモ隊の様子だ。一部の過激派による、投石や落書きも問題視されている。一方、デモ隊への強引で高圧的な警官隊の接し方も、事態の激化を招く原因のひとつに。

 

「最近はデモのテーマソングが急速に拡散され、『これぞ真の香港国歌だ!』と、市民のボルテージはますます上がっています」(初田氏、以下同)

 

 しかし、それが「ジャッキーのせい」とは、どういうことなのか。ジャッキー・チェン(65)は、香港が生んだ正真正銘の世界的な映画スター。だが、彼には長年噂されてきた、“呪い” があるという。

 

「彼が応援したり、広告塔を務めたりする対象が、ことごとく不幸な結末を迎えるというものです」

 

 まるで、名前が書かれた人間を死なせることができるノートがテーマの漫画『デスノート』のよう。

 

「たとえば、1998年に新発売された清涼飲料水の『フェンファンコーラ』です。ジャッキーを広告塔に起用し、20億円以上という莫大な広告費を投じたのに、数年後に会社が業績不振に。

 

 また、中華圏を中心に展開するフィットネスクラブ『California Fitness』は、2005年に彼を広告起用したところ、2008年に経営不振で閉店。さらに、2008年に彼を起用したヘルスケアブランドの『霸王』は2010年、シャンプーなど数種類から発ガン性物質が検出されました。

 

 そして『思念餃子」は、彼を起用した後、2011年に商品から黄色ブドウ球菌が検出されて、中国全土で回収騒ぎになりました」

 

 実例の多さゆえに、昔から囁かれてきた「ジャッキーの呪い」。ここにきて注目を集めるようになったのは、香港デモへの影響だ。

 

「ジャッキーがテレビ局のインタビューで、『どうか早く香港に安定がもたらされるように』とコメントしたら、その後、事態は最高レベルに悪化。

 

 彼がキャンペーンに登場した香港航空のCEОが、フェイスブックで警察支持を表明し、大炎上する騒ぎも起きています」

 

 こじつけのような理由で、ジャッキーが批判されるのには、わけがある。ジャーナリストの安田峰俊氏が指摘する。

 

「香港のタレントは、人口が桁違いに多い中国本土で稼ぐために、香港政府や中国共産党を批判しないからです」

 

 初田氏も同じ意見だ。

 

「8月に、彼はデモ隊の破壊行為を批判。『私は中国国旗を守る旗手』とSNSで発言したため、デモ支持派のネットユーザーから、“人間のクズ” とこき下ろされています」

 

 8月に米『フォーブス』誌が発表した、「世界で最も稼いだ俳優」ランキングでは、62億円で5位にランクイン。「中国本土にこびを売る姿勢」は、ビジネス的には正しそうだ。

 

 だが、ジャッキーの “呪い” のためか、デモはのっぴきならない状態にきている。

 

「焦点は、中国の建国記念日である10月1日の『国慶節』です。毎年開催されていたビクトリア湾の花火大会も、激しいデモが懸念され、安全を考慮して中止となりました」(初田氏)

 

 最近、市民の間ではあることが囁かれているという。

 

「ジャッキーがもっと政府を応援すれば、デモが勝てるかもしれない……」

(週刊FLASH 2019年10月8日号)

TOPICS

ランキング

ジャンル